• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 至学館大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 岡部 真由さん(健康科学部/保育士)

私立大学/愛知

シガッカンダイガク

子どもが興味をひくように読むことを心がけています

先輩の仕事紹介

一番近くで乳幼児期の大切な時期に寄り添えること。それが保育士の仕事の魅力です

保育士
健康科学部 こども健康・教育学科/2016年3月卒
岡部 真由さん

この仕事の魅力・やりがい

保育士の仕事の魅力は、毎日子どもの成長に寄り添いながら働けること。子どもは毎日少しずつ成長していきます。昨日できなかったことでも今日は少しできるようになったり、今日できなかったことが明日少しできたりと、間近で成長を感じ取ることができます。私はいま、4歳児クラスを受けもっていますが、子ども一人ひとりの成長はさまざま。言葉を使って自分の思いを伝えられる子もいれば、うまく伝えられない子もいます。そんな一人ひとりの成長に合わせた接し方、声かけをしながら子どもたちを見守り支えていくには、正直大変なこと、悩むこともたくさんあります。でも、それだけにやりがいもあると思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私自身は幼稚園の出身です。園での3年間は幼いながらも、とても楽しかったことを覚えています。担任の先生に憧れ「大きくなったら幼稚園の先生になりたい」という夢を描いていました。中学校の職場体験でも保育園を希望し、将来は子どもと関わる仕事に就きたいという想いがますます強くなっていきました。最終的に幼稚園教諭ではなく保育士を選んだのは、幼児だけでなく乳児にも関わることができるからです。学生時代のボランティア活動や保育園実習を通して、毎日子どもたちの素敵な笑顔とともに生活することができる、こんな素敵な職業は他にはないと思っていました。仕事に就いたいま、その思いは間違っていなかったと実感しています。

幼児クラスはピアノを弾く機会は多いです

学校で学んだこと・学生時代

大学での学びは楽しいものばかりでした。中でも印象に残っているのは、大学のキャンパス内にある附属幼稚園の園児に、自分たちが考えた運動会のダンスの振り付け指導をしたこと。子どもたちにとって覚えやすい振り付けは何か、どうしたら分かりやすく教えてあげられるのかなどを実践的に学べました。保育実習の指導案の書き方では、子どもの様子や援助方法の書き方などを丁寧に教えていただきました。また、ピアノの苦手な私にとって、大学での個人レッスンはとても心強かったですね。どの先生方も親身になって教えてくださり、その教えがいまの仕事のベースになっていると思っています。

分かりやすいイラストで、今日一日の流れを説明

岡部 真由さん

刈谷市立双葉保育園/健康科学部 こども健康・教育学科/2016年3月卒/小さい頃からの夢を実現するため、保育士と幼稚園教諭の免許が取得できる至学館大学へ進学。大学では小学校教諭の免許も取得した。大学卒業後は公立保育園の保育士に。2年続けて4歳児クラスの担任を務める。「国際化の時代のため園には日本人以外の子どもたちもいます。文化や暮らし方が違う子どもたちへの接し方は日々勉強となり、一人ひとりの子どもたちの気持ちに寄り添える保育士になれるよう経験を積んでいきたいです」と話す。※写真内絵本の出典元:『はらぺこあおむし』エリック・カール作/もりひさし訳/偕成社

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

至学館大学(私立大学/愛知)