• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 至学館大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 久留 龍磨さん(健康科学部/高校教諭(保健体育))

生徒一人ひとりの成長のために私自身も勉強の毎日

先輩の仕事紹介

生徒の成長を見守りながら、夢を実現できる力を育てたい

高校教諭(保健体育)
健康科学部 健康スポーツ科学科 卒/2016年3月卒
久留 龍磨さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

教員の仕事の魅力は、生徒の成長を一番近くで感じられること。私が担当している保健体育であれば、それまで出来なかったことが出来るようになったその瞬間の笑顔を、生徒の一番近くでリアルタイムに見られることがうれしいです。そして、そのことが私自身のやりがいにもなっています。逆に大変さを感じるのは、生徒には一人ひとり個性があるということ。担任として、どのようなアプローチをすれば、その生徒にとって一番効果的であるかを常に考えて行動しています。高校生は社会に出る一歩手前の段階なので、私の指導がそのまま社会人としての人格形成に影響を及ぼします。それだけ責任も大きいと考え、知識と経験を高めながら指導しています。

学校で学んだこと・学生時代

教職関係の授業はもちろん、心理学の授業で学んだことが役に立っています。「良かれ」と考えて一方的に考えを押し付けるのではなく、一人の人間として向き合い、生徒の心の動きを捉えながら伝えることが大切です。そのため、生徒と接する際には、さまざまなことに配慮しながら関わっていきます。「こう話すと生徒はどう感じるのか」を考えて接することができるようになったのは、心理学を学んだおかげだと思っています。また、野球部の監督として指導をしていると、コーチング論や栄養学なども役に立っていると感じる場面が多いです。大学で学んだ的確な指導の仕方、食事の面から選手をサポートする方法などを野球部の活動にも活かしています。

コーチング論や栄養学などの授業が印象に残っています

これからかなえたい夢・目標

関わった生徒が高校3年間で自身の成長を実感できるような指導をすることが、私の教員としての目標です。そして、自らの夢を叶えられるような人間になっていって欲しいと考えています。そのためには、私自身も一人の人間として成長し続けることが不可欠。生徒が成長するのを見守りながら私自身も日々学んでいる最中です。

大学4年間のさまざまな経験がすべて将来役立ちます

久留 龍磨さん

愛知県立高等学校/健康科学部 健康スポーツ科学科 卒/2016年3月卒/愛知県立高等学校勤務。2学年担任/野球部監督。保健体育の授業を受け持つほか、担任、野球部監督を任されている。大切にしているのは生徒一人ひとりに合わせた指導を行うこと。「教員の思いを一方的に押し付けるのではなく、個性に合わせて伝え方などを工夫することで効果的に指導できると思います」と話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
至学館大学(私立大学/愛知)
RECRUIT