• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 鶴見大学
  • 在校生レポート一覧
  • 佐野 和希さん(文学部 英語英米文学科/3年生)

4年次に行く教育実習では、英語や野球以外にも教育内容や授業の進め方についての知識を深めたいです。今は生徒一人ひとりに合わせた指導や教育現場について学んでいます。

キャンパスライフレポート

勉強を教えるだけではなく、生徒の心に寄り添える指導者をめざして

文学部 英語英米文学科 3年生
佐野 和希さん
  • 静岡県 浜松開誠館高等学校 卒
  • クラブ・サークル: 文学部軟式野球部

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    勉強も部活も夢に向かって勇往邁進!

  • キャンパスライフPhoto

    大学入学後も部活動で野球を続けています

  • キャンパスライフPhoto

    多くのことを学べる教育実習が楽しみです

学校で学んでいること・学生生活

意欲的に取り組んでいるのは、英語教師になるための教職課程です。教職に関する授業を受けて英語科教育について学び、模擬授業を行っています。模擬授業を経験して、様々な個性を持つ生徒たちに教えることは、容易ではないと知ることができました。先生という職業の難しさとその面白さを実感しています。

これから叶えたい夢・目標

教師になり部活動を通して、野球をもっと好きになってもらえるような指導をしたいです。中学生の時、野球のクラブチームの監督とコーチの指導に感銘を受け、自分もこのような指導者になりたいと思ったことで志すようになりました。現在は高校の野球部のインストラクターを務め、在学中から野球指導に関わっています。

この分野・学校を選んだ理由

中学校・高等学校教諭一種免許状を取得できること、短期・長期留学ができること、留学先も複数から選択できることに惹かれて鶴見大学への入学を決意。オープンキャンパスで話を聞いたことがきっかけになりました。

分野選びの視点・アドバイス

鶴見大学は学生と教員の距離が近く、悩み相談や気になることを質問しやすいのが魅力。海外の文化を学ぶことで、自分の考え方が変わると思います。入学後はやりたいことに関わらず幅広く講義をとるのがおすすめです。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 英語科教育法II
2限目 日本歴史I・II 異文化間コミニュケーション研究 イギリス文学概論A・B コンプリヘンシブ・イングリッシュ
3限目 メディア・イングリッシュA・B 中学校、高等学校教育実習I 政治学I・II
4限目 特別演習II 外国文学III
5限目 プレゼンテーション・スキルA・B スクリーン・イングリッシュA・B アメリカ文化概論A・B
6限目

放課後は中学生の学習指導や小学生の放課後学童、高校野球部のインストラクターで子どもたちと接する機会を積極的に得ています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

鶴見大学(私立大学/神奈川)