• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 帝京科学大学
  • 先生・教授一覧
  • 三木 良子先生(福祉学)

こんな先生・教授から学べます

支援が必要な人の実情を、体験を通して教えてくれる先生

福祉学
医療科学部 医療福祉学科
三木 良子先生
先生の取組み内容

「ソーシャルワーカー」という仕事を、皆さんは知っていますか? ソーシャルワーカーは、生活する上で困っている人や不安を抱えている人たちに対して、社会福祉の立場から相談に乗り、問題解決のための援助をする専門職。医療機関や福祉施設、地方自治体など幅広い活躍の場があります。地域生活支援の現場でソーシャルワーカーとして実践を積んできた私は、主に精神障害や疾患をもつ方々に対する就労支援に長く携わっています。仕事をしたくても、就労の場を見つけにくい人たちに対するサポートを行うなかで、私自身が力づけられ、様々な気づきを得て、人間的な成長をさせていただけたと感じています。そうして得た多くの経験と、学術的な知見を学生の皆さんに伝え、社会福祉の現場で人や地域に貢献できる人を育てていきたいと考えています。

困っている人を支援し、人生をより豊かにするためのお手伝いができる、やりがい溢れる学問分野です

授業・ゼミの雰囲気

キャンパスを飛び出し、地域の人々とふれ合って、福祉のニーズを考察・提案する授業を実践

精神保健福祉という領域で、実践と研究を積み重ねてきた三木先生。そうした経歴のなかで培った知見をベースに、実践的な学びを行っているのが『健康福祉科学セミナーI』だ。授業ではキャンパス周辺のコミュニティセンターや、高齢者の比率が高い集合住宅などを訪問。高齢者や障がいのある人と交流し、実際の生活にふれながら、どんな支援ができるのかということを考察していく。支援を必要とする人の実情を知り、学生が自らの嗅覚で福祉のニーズを感じ取るこの授業は、机上の勉学だけでは学びにくい知見を、身をもって得ることができる。

障がいのある人が自らの体験を元に作った「かるた」を教材とした学習も実践。精神障害への理解を深めている

キミへのメッセージ

人と社会に貢献できる、やりがいあふれる学問分野です

「人の役に立ちたい」という思いがある人は、ぜひ本学科に関心をもっていただきたいと思います。人と関わることが好きな人はもちろん、それが苦手な人でも、活躍できる可能性がある魅力的な学問分野です。

「実践経験で得た知見をさらに深め、後進を育成するために教育・研究の道に踏み出しました」

三木 良子先生

専門分野:精神保健福祉、精神障害者の地域生活支援。担当科目は『健康福祉科学セミナーI』『相談援助演習I・III』他。明治学院大学文学部心理学科卒業、大正大学人間学研究科社会福祉・臨床心理学専攻修了(人間学博士)。大学卒業後、精神障害者支援の現場でソーシャルワーカーとして勤務。現在も精神科救急の相談業務を担当。また刑事事件に関与した障害者や、障害が影響している可能性がある人などへの支援を行っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

帝京科学大学(私立大学/東京・山梨)
RECRUIT