• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 帝京大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宮岡 知穂さん(福岡医療技術学部 看護学科/看護師)

点滴など患者さんと接することが多い看護師ですが、時にはパソコン業務も行います!

先輩の仕事紹介

親身に接してくれたから手術をのり越えられた!患者さんの言葉にやりがいを感じます

看護師
福岡医療技術学部 看護学科/2020年卒
宮岡 知穂さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

看護師として働きはじめて2年目。大学の臨地実習と異なり、実際の現場では患者さんを数人受け持ち、複数ある業務の優先順位を考えながら行動することに、今でも戸惑うことがあります。想像以上に多忙ですが、そんな日々のなかで看護師という資格を持って業務を行うことの責任の大きさを実感しています。私が勤務しているのは急性期病院のため展開が早く、患者さんはリハビリや治療によって症状が改善するとすぐに退院されます。入院時に担当したことを覚えていてくれた患者さんから「手術は心配だったけど、親身に話を聞いてくれたから不安感が減ったよ。ありがとう」など、退院時に嬉しい言葉をいただくときがやりがいを感じられる瞬間です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私が看護師になろうと思ったきっかけは、入院中の祖母に対して親身に対応してくれた看護師さんとの出会いです。祖母の病気に関する医師の説明を、まだ幼かった私に対してもわかりやすく説明してくれたことに感動し、私も患者さんやその家族に寄り添える看護師をめざそうと決めました。看護師という業務は、とても大変です。その一方でたくさんの人の役に立てる業務でもあり、日々、自分自身の成長を感じることもできます。壁に当たったり、挫折感を味わったりすることもあるかと思います。しかし、その壁をのり越えていくとその先に成長した自分自身の姿を見ることができ、辛かったことも喜びに変わります。ぜひ、一緒に頑張りましょう。

パソコンで患者さんの情報を記録したり、業務内容の指示を確認します

学校で学んだこと・学生時代

1・2年次では看護の倫理や解剖生理などの基礎知識を身につけるための講義と、モデルを使って行う清拭や食事・口腔ケアなどの介助、注射法など看護師に必要な基礎技術を実践する実習があり、3年次から始まる臨地実習に備えて楽しく学ぶことができました。3年次の臨地実習では患者さん1名を受け持たせていただき、アセスメントや看護計画を立てて先生や実習先の看護師の指導のもと、患者さんに対してケアの実践や指導を行いました。4年次では臨地実習と国家試験の勉強や研究、就職活動と大変でしたが、4年間を通してゼミの先生に困ったことを相談できる環境があったので、大変だった学生生活をのり切り、国家試験にも合格できたと思います。

宮岡 知穂さん

福岡県済生会二日市病院 勤務/福岡医療技術学部 看護学科/2020年卒/福岡県済生会二日市病院で看護師として勤務して2年目を迎えた宮岡さん。看護師の業務は想像以上に大変だったが「そのぶん、自分自身の成長へつながった」という。宮岡さん自身がそうであったように、「学生生活の中でも、卒業してからも、大きな壁に当たることは多々あります。しかし、それを乗り越えた先にこそ、看護師だから味わえるやりがいや喜びがあります」。あきらめず頑張ってほしいと、看護師をめざす高校生にエールを送る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

帝京大学(私立大学/東京・栃木・福岡)
RECRUIT