• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 奈良
  • 天理大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中島 正陽さん(文学部/特別支援学校教諭)

子どもの成長を間近で見ることが、何よりのやりがい

先輩の仕事紹介

子どもたちのために、教員として学び続け、成長していきたい

特別支援学校教諭
文学部 国文学国語学科/2020年卒
中島 正陽さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

特別支援学校の教員として、知的障害のある子どもたちに勉強を教え、さまざまな支援を行っています。その中で特に大切にしているのは、自分の気持ちを表現することが難しい子どもの話をよく聞いて、理解できるように努めること。また、子どもたちが安心して学ぶことができる場をつくるためには、他の教員や保護者の方と連携することも欠かせません。あらゆる方との細やかなコミュニケーションも心がけています。子どもたち一人ひとりに応じた適切な指導や支援ができ、ほんの少しでも子どもたちが成長していることを実感できた瞬間は、とても大きな喜びを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

天理大学には、貴重な文献が揃う附属天理図書館があり、国語や国文学を深く学べること、さらに国語教員の養成にも力を入れていることに惹かれ、天理大学への入学を決めました。授業は少人数で行われ、グループやチームになって取り組むことが多くありました。先生役と生徒役に分かれ模擬授業を行う科目では、どのようにしたら伝わりやすいかを学生同士で何度も話し合い、ひとつの授業でも様々な意見を取り入れることでより良いものになることを実感しました。授業はもちろん、体育会などのイベントでもチームでのコミュニケーションや協働を経験できたことは、今の仕事に活きていると感じています。

分野選びの視点・アドバイス

特別支援学校の教員だけでなく、あらゆる科目の教員に共通して言えることですが、教員として働くためには何より子どもが好きであることが欠かせません。子どもが好きで、子どもたちの成長を支えたいという強い気持ちと、そのために教員自身が学び続けられる覚悟があれば、きっと“いい先生”になれると思います。また、学生時代をどう過ごしたか、その経験がそのまま仕事に生きてくることを、社会人になってよく分かりました。「今の努力や学んでいることが将来につながっているんだ」ということを胸に、ぜひ自分が全力投球できるものに取り組んでください。

中島 正陽さん

富山県立しらとり支援学校勤務/文学部 国文学国語学科/2020年卒/国語教員として採用されたあと、特別支援学校に配属。子どもたちの成長のために、自分自身が学び続け成長することも大切にしながら、子どもたち一人ひとりと向き合っている。大学時代には、教職や国語国文学の勉強だけでなく、テニス部の活動にも力を入れた。「主将として取り組んだ4年次は、教員採用試験や卒論とも両立させながら、チーム全体のことを考えて練習に取り組みました。その結果、チームが強くなったことが、自信につながりました」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
天理大学(私立大学/奈良)
RECRUIT