• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海学園大学
  • 好奇心の授業一覧
  • 筋肉が知っている。キミは金メダリストになれるか?

私立大学/愛知

トウカイガクエンダイガク

好奇心の授業

スポーツ・健康
筋肉が知っている。キミは金メダリストになれるか?
テーマphoto
赤ちゃんのうちから、金メダリストが決まっている?
テーマphoto
現代スポーツは科学的!
メダルを獲れるかは、DNAで決まっている?
「検査の結果、君には金メダリストをめざしてもらう!」ある日突然こう言われたら、あなたならどうしますか? これ、決して荒唐無稽な話ではありません。人の肉体がどこまでの能力を持ちうるか、どんなスポーツのどんな種目に向いているのかは、DNAによって最初から決まっているというのです。子どもの体を遺伝子レベルで分析すれば、成長時の身長、体重、筋肉量まで割り出せるとか。現実にこうした方法で未来のスーパーアスリートを発掘し、金メダリストを育成している国も存在します。しかし、DNAを強制的に調べるとなると、倫理上の問題も起こりそう…?
あなたの筋肉は、赤?白?ピンク?
「DNAじゃなくても、筋肉のタイプを調べればある程度分かりますよ」と語るのは東海学園大学の島典広准教授。「人の筋肉は赤・白・ピンクの3つで構成されていて、その割合で得意な動きが変わります。赤は持久力を発揮する遅筋(ちきん)、白は瞬発力を発揮する速筋(そっきん)。赤が多い人はマラソン向きだし、白が多い人は短距離ランナー向き。白の筋肉の中で赤の性質をもつピンクの筋肉は、サッカーなど球技向きかな」。筋肉を切り取って色を見るわけではなく、電気刺激を与えて収縮パターンを調べるだけで分かるそう。授業の中で実体験できます。
天才アスリートを見つけ出せ!
プロサッカー選手になりたいのにマラソン向きなんて知ったらショックかも? しかし、適性を早く見抜ければ、才能を大きく伸ばせて本人にも嬉しいはず。島典広准教授曰く「トップアスリートになるには身体条件だけでなく環境も重要です。いい環境で才能を伸ばすためには、その才能を早く発見してあげないと。才能発掘と育成のプログラムを、ここ東海地方で根付かせたいと思っています」。東海地方が最新トレーニング科学の力でメダリストを量産する日も近いかもしれません。
これって実は・・・健康科学
学べるのは、ココ!
東海学園大学 スポーツ健康科学部 
photo
スポーツを学ぶ為の環境
次世代のアスリートをはぐくむスポーツコーチや中学校・高等学校の保健体育の教師、地域の健康推進担当など、スポーツに関わる仕事をめざす人を育てます。これまでの体育教育にありがちな「根性論」による教育でなく、選手が運動能力を最大限に発揮できるよう、生理学や力学、心理学などを取り入れた「スポーツ科学」をベースとした教育を展開していきます。スポーツ実験・実習棟では、超音波で筋肉の動きを調べたり、身体の動作分析や運動構造を研究するハイスピードカメラや超音波測定器、バイコンシステムなどの最新式の機材で研究します。また、日本体育協会から「スポーツ指導者養成講習会免除適応」認定済みのコースも設置しています。

東海学園大学(私立大学/愛知)