• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 東海学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 武原 由衣さん(経営学部 経営学科/警察官)

私立大学/愛知

トウカイガクエンダイガク

小さな子がパトカーに敬礼をしてくれるのも嬉しい。

先輩の仕事紹介

憧れのパトカー乗務で、被害者を減らすことができた実感が、私のやりがい。

警察官
東海学園大学 経営学部経営学科/2012年3月卒業
武原 由衣さん

この仕事の魅力・やりがい

2015年の秋から愛知県警の自動車警ら隊に配属になりました。パトカーで街を巡回して、治安を守るのが仕事です。具体的には、不審者を発見して職務質問をし、違法な薬物や凶器の所持者などを検挙します。新聞やテレビのニュースにはなりませんが、毎日何人もの人を検挙しているんですよ。職務質問を通して大きな犯罪を防ぐことができる自動車警ら隊の仕事は、「犯罪被害に遭う人を減らすことができた」という実感があり、やりがいにつながっています。また、被害者の方から「あなたが担当でよかった」「ありがとう」といってもらえると、本当に嬉しいです。これからも、被害者の心に寄り添う対応を心掛けていきます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

警察官を志す前は、「高校を卒業したらどこでもいいから就職しよう」と、ぼんやり考えていただけでした。そんなある日、交通事故に遭って、一人のお巡りさんに出会いました。親身になって対応してくださって、「私も、この人のようになりたい!」と思いました。それからです。警察官になる方法を交番に訊きに行ったり、自分でも驚くくらいの行動力が芽生えました。大学進学を考えるようになったのも、警察官になるためでした。ちょうど東海学園大学の経営学部に、警察官・消防士コース(現在は特別プログラムのひとつ)が新設されることを知り、「これは私のためのコースだ!」と、入学を決めました。

経験を積んで、職務質問のプロをめざします。

分野選びの視点・アドバイス

警察官の採用試験は年に2回(高卒は1回)あり、私は在学中から高卒枠で採用試験を受け続けていました。もしも合格したら、大学はやめるつもりでした。でも結局、卒業するまでに合格することはできませんでした。そんななか、周りの友人が次々に内定をもらいはじめ、正直、不安や焦りを感じました。でも、一度しかない人生、自分が本当にやりたいと思えることをやればいいと考え、大学を卒業後、合格するまでの半年間はひたすら勉強を続けました。そして、7回目にしてやっと合格することができました。みなさんも、やりたいことがあるなら世間体など気にせず、自分が納得いくまで貫き通してください。

検挙した状況を書類に残すため、デスクワークも。

武原 由衣さん

愛知県警 勤務/東海学園大学 経営学部経営学科/2012年3月卒業/大学時代は、防犯パトロールのボランティアを立ち上げたり、杖道という武術にとりくむなど、警察官をめざして勉強以外にも積極的に行動。2012年5月の採用試験に合格し、2013年4月より岡崎警察署地域課に配属。1年半の交番勤務をへて、三河地方では女性で初となる自動車警ら班に。「どうしてもパトカーに乗る仕事がしたくて、仕事を手伝うなど積極的に自分をアピールしました」と、武原さん。きっかけとなった交番のお巡りさんとは、就職後に電話で話したそうで、「刑事課に異動されていましたが、私のことを覚えていてくれて嬉しかったです。いつか一緒に仕事がしたいです」と語った。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東海学園大学(私立大学/愛知)