• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 東海学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小坂 拓也さん(経営学部 経営学科/地方公務員)

生まれ育った故郷に恩返しがしたい!

先輩の仕事紹介

自分たちの街の街づくりを自分たちの手で進めている実感。それが公務員のやりがい。

地方公務員
経営学部 経営学科/2017年3月卒
小坂 拓也さん

この仕事の魅力・やりがい

今担当しているのは国土調査法に基づく地籍調査で、登記簿や公図などをもとに土地の境界の測量に立ち会い、その結果を踏まえて明治以降につくられた図面を再確認し修正します。土地の境界があいまいですと、不動産取引や都市開発などの際に問題が起きるので、70年ほど前から全国で取り組んでいる事業です。市民の生活に直結する仕事であり、自分たちの街の街づくりを自分たちの手で進めているという実感を味わうことができ、やりがいを感じます。公務員としては、数年おきに人事異動があり、さまざまな分野を経験できるのも醍醐味です。常に「公平性」を意識しながら、住みやすい街をつくる一員としてこれからも頑張っていきたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

大学では経営学部に在籍していたということもあり、最初は主に金融業界を志望していました。でも、会社説明会などで話を聞くなかで、「街の活性化」に貢献する仕事に魅力を感じるようになりました。そこで、地元の恵那市役所に自分でインターンシップを申し込み、職場体験をさせていただきました。5日間という短期間ではありましたが、市役所には市民の安全安心な生活を守る仕事が数多くあることを知り、自分自身もこのようにして生活を支えられてきたのだなと実感。生まれ育った大好きな恵那市に恩返しがしたい、地元の活性化のために働きたいと、強く思ったのが公務員を志望したきっかけです。

カウンターで市民からの問い合わせに答えることも。

学校で学んだこと・学生時代

経営学部に進学したのは、一般知識などが学べ、社会で役に立つスキルを身につけられると思ったからです。東海学園大学の経営学部では、普段の授業のなかで就職試験の適性検査でよく利用されるSPI対策が行われたり、就職に役立つさまざまな資格取得をめざすことができるなど、サポートが充実していました。僕の選択は間違っていなかったなと思っています。学業以外では、アパレル業界で接客のアルバイトをしてコミュニケーション能力を磨いたことも、市民の方に制度の説明をする場面などでとても役に立っています。また、友人と過ごした楽しい時間も忘れられません。違う仕事に就きましたが、いまも親友と呼べる友達を得たことは僕の財産です。

大学時代に身につけたパソコン・スキルが役立ちます。

小坂 拓也さん

恵那市役所 勤務/経営学部 経営学科/2017年3月卒/岐阜県恵那市出身。社会に出てから役立つビジネスの知識を学ぶため、経営学部に進学。東海学園大学在学中は、アパレル業界で接客のアルバイトをし、社会経験を積む。恵那市役所の職員として最初に配属されたのは市民サービス部税務課で、2年間、固定資産税などを担当。2019年4月の人事異動により、現在の建設部建設課地籍調査係に配属。「今後も人事異動はありますが、どんな業務についたとしても、公務員として市民第一という初心を忘れずに地元の活性化に貢献していきたい」と、抱負を語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東海学園大学(私立大学/愛知)