• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海学園大学
  • 先生・教授一覧
  • 丸山 一芳准教授(経営学)

私立大学/愛知

トウカイガクエンダイガク

こんな先生・教授から学べます

新しい事業を生み出す現場をフィールドワークする先生

経営学
経営学部 経営学科
丸山 一芳准教授
先生の取組み内容

「イノベーション」という言葉をご存知ですか? 経営学では、これまでにない新しい価値をもたらす企業の新製品・新サービス・新経営手法のことを指します。経営革新とも呼ばれるこのイノベーションの分野が、私の専門です。これまでに、プロサッカーチームの創設、日本酒の海外進出、地域の中小企業が連携して地域活性化のために工場を開放する取り組みである「オープンファクトリー」などを現場で調査・研究してきました。人々の思いや技能がどのように組織的に発展しイノベーションを成功に導いたのかを解明することで、企業がいかに成長していくのかを追究することが目的です。
ゼミの学生には、企業などとコラボレーションして課題を解決するリアルな体験を通し、将来、イノベーションを起こせる人材に育ってもらいたいと思っています。

丸山先生が調査・研究したイベント「工場の祭典」。地場産業の現場が一般公開され、毎年見学者で賑わう。

授業・ゼミの雰囲気

地元企業やスポーツ・チームとのコラボを通し、経営学を現場で学ぶ。

2年生のゼミでは、ベースボール・ビジネス班、フットボール・ビジネス班、フード・ビジネス班に分かれ、それぞれ実地の活動を行っています。たとえばフットボール・ビジネス班は、キャンパスのあるみよし市が名古屋グランパスのホームタウンであることから、みよし市やグランパスを盛り上げるアイデアを考え協同して実践しています。また、フード・ビジネス班は、みよし市の高級卵を使ったお菓子を共同開発し、ふるさと納税の返礼品に採択されることを目標に市場調査などに取り組んでいます。

名鉄三好ケ丘駅にゼミの学生とグランパスが共同で設置した情報ボード。学生が試合結果などを掲示している。

キミへのメッセージ

経営学は、キミの人生を切り拓くアドバイスに満ちた学問です。

経営学は、企業がいかに成長していくかを追究する学問です。しかし、たとえば就職活動やその後のキャリアアップの場面など、キミの今後の人生を切り拓くツールとしても、重要なアドバイスをくれることでしょう。

丸山 一芳准教授

専門は「イノベーション」や「ベンチャー企業」。大学時代に経営学者をめざすが恩師のアドバイスに従い、一般企業に就職をする。大企業の経営現場でリアルな問題意識を醸成してから、経営学者となり、研究に取り組む。事業創造大学院大学准教授などを経て2017年4月より現職。人事部でリストラを担当した経験から「学生にはリストラする側にもされる側にもなってほしくない」と語り、実践的な教育を展開する。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東海学園大学(私立大学/愛知)