• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 安藤 尽実さん(人間関係学部 子ども発達学科/特別支援学校教諭)

私立大学/岐阜

トウカイガクインダイガク

教育の仕事につながる学び

右へ
左へ

幼稚園・小学校での実習や、特別支援学校での介護体験・実習

子ども発達学科では、保育士、幼稚園・小学校・特別支援学校教諭を中心とした、Wライセンス+αの幅広い学びが用意されています。小学校と特別支援学校、幼稚園教諭を取得した安藤さんに、お話をお聞きしました。

特別支援学校教諭
人間関係学部 子ども発達学科
(2018年3月卒業)
安藤 尽実さん
  • 羽島特別支援学校勤務
  • 岐阜県 羽島高校 卒
各実習校での実習を通して、教師としての姿勢が身につきました

児童の内面も感じながら、関わることができるようになりました

特別支援学校教諭になりたいと、この大学に入学。幅広い知識・視野を持つために、小学校や・特別支援学校教諭だけではなく、幼稚園教諭の資格取得も目指すことにしました。授業では、現場を知る先生から実体験の話を聞き、各実習校で実習を重ねるうちに、子ども達とどう関わっていけばよいのかが見えてきました。また先生方のサポートを受けることで、4年間目標に向けて頑張り、途中で諦めたりせずにやり遂げることができました。

悩んだ時は、クラス担任の先生やゼミの先生に相談しました

右へ
左へ

各実習校での実習を通じて、自分の不足スキルや改善点がわかりました

障がい者施設での介護体験や特別支援学校での見学や実習、小学校や幼稚園での教育実習など、複数の実習を経験しましたが、一番影響を受けたと思うのが、4年次の「特別支援学校実習」です。障がい程度の異なる児童一人ひとりにあわせた授業を行うことで、自分に足りないスキルと改善点がわかりました。指導者として必要な姿勢、自覚が生まれたように思います。また一緒に実習を行った他大学の人達からも、いい刺激を受けました。

同じ「子どもへの教育」でも、実習校毎に指導方法が違います

右へ
左へ

保護者など周囲の人達と連携を図りながら、児童をサポートしていきたい

小学校・特別支援学校・幼稚園教諭と3つの資格を取るために勉強し、各実習校で実習を重ねたことで、児童に対する幅広い知識と視野が持てるようになったと思います。特別支援学校の教諭には、指導案を作って授業を行うだけではなく、病気や障がい理解、心理、発達に関する知識も必要。また本人だけではなく、周囲の人との連携も大切です。今後は特別支援学校教諭として、さらに必要な知識やスキルを高めていきたいと思います。

目に見える部分だけではなく、内面まで考えて接していきたいです

右へ
左へ

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東海学院大学(私立大学/岐阜)