• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岐阜
  • 東海学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 山田 美恵子先生(スポーツ学)

こんな先生・教授から学べます

子どもの健やかな成長を、運動でサポートする先生

スポーツ学
人間関係学部 子ども発達学科
山田 美恵子先生
先生の取組み内容

現在進めているのは「表現運動」や「体つくり運動」などの、体育に関する研究です。「表現運動」では、子ども達が体全体を使って体力を養う動きをしていくために、環境をどう整えるかということを念頭に進めています。どんな音楽や歌詞がよいのか、子ども達が興味を持つのはどんな動きなのか。小学校や保育所、幼稚園などの現場で、プログラムを作れる教育者となるための指導法を考えています。また「心と体の調和がとれた、体つくり運動」として、個々の発達段階にあわせて、子ども達が興味を持って自ら体を動かすような指導ができる教育者となるための方法を研究しています。また地域連携の一環として、各務原市の特産・各務原にんじんをモチーフにした、にんじん体操を考案。子ども達の健やかな成長につながる活動にも取り組んでいます。

ルールがない領域。どんな教材を使ってどんな指導するのか、引き出しを多く持つことが大切

授業・ゼミの雰囲気

現場で求められる「実践力」の必要性を自覚し、自信を持って子ども達と向き合える教育者を育てる

ゼミではスポーツ全般について、幅広く研究を行っている。論文は「子どもの体力調査」「子どもの栄養と運動」「保育所における最適な運動環境」など、個々に興味のあるテーマを掘り下げる形で進めていく。研究内容のレベルを磨くことに重きを置くのではなく、「各自の研究を通じて、情報収集力や企画立案、推進力など、子どもの教育現場で必要とされるスキルを伸ばすこと」を目的としている。学生一人ひとりが、卒業後も自信を持って指導していく力がつくようにと、積極的に活動・発表できる場を大切にしているそう。

新体操のコーチング経験を活かし、自信を持って子ども達と向き合える教育者になれるよう、指導しています

キミへのメッセージ

子ども達の健やかな成長を促す、効果的な指導を一緒に考えましょう

「運動を指導する」ということを深く追求するのは、とても面白いです。子どもが好きで、共に成長を喜べるような人はぜひ本学へ。子ども達の活動意欲が広がるような、効果的な指導について一緒に考えましょう。

プライベートでは2才のお子さんを持つママ。子どもの成長に、ワクワクする毎日を過ごしている

山田 美恵子先生

8才から新体操を始め、中学生で全日本選手権大会に出場。高校生ではインターハイ、全日本選手権に3年間出場。前職では大学の新体操競技部のコーチを務めていた。2012年より現職。身体表現や体つくり運動など、体育の実技に関する領域を専門としている。レクリエーション指導者資格、公認スポーツ指導者資格なども持つ。主な担当科目は、コーチング論、体育実技B(ダンス・表現)、体育実技B(からだと動き)など。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東海学院大学(私立大学/岐阜)