• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報通信学部
  • 通信ネットワーク工学科

私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本

トウカイダイガク

通信ネットワーク工学科

定員数:
80人

通信ネットワークエンジニアとして、激動する高度情報化社会の最前線で活躍し続けるための専門技術やスキルを習得。

学べる学問
  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアナリスト

    効率アップのためのシステムを企画

    事務処理のスピードアップや、無駄のない生産体制を作るため、コンピュータによる情報活用が進んでいる。そうしたコンピュータシステムの導入や改善のため、現場を調査し、問題点を見つけ、どんなシステムを作ればいいか決めるのがシステムアナリストだ。この計画をもとに中・長期の情報戦略を立て、期待される効果も算出する。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • 情報工学研究者

    大学や専門の研究機関で、コンピュータや情報機器などに関する専門的な研究・開発を行う。

    コンピュータやさまざまな情報機器の現状を踏まえ、さらに将来的にどのように進化していくか、科学的に研究する。テーマはそれぞれの研究者が専門にこだわった研究を行っている。例えば「情報」をどのように解析させていけばいいか、その手順についての研究を行う人もいる一方で、ロボットと人とのコミュニケーションに注目して「情報」をどのように捉えていくかを研究している人もいる。また、あらゆる場面でコンピュータが使われている社会がどのような変貌を遂げていくか、人にどのような影響をもたらすかを考察している研究者もいる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • セキュリティ技術者

    不法なアクセスや破壊行為から情報を守る

    企業などのネットワークを管理する部門や、専門のセキュリティ会社のスペシャリストとして顧客名簿や機密資料など企業の大切な情報を守る。外部から違法アクセスされるようなセキュリティの欠陥を作らないよう、ネットワークを管理・監視する。

  • 通信技術者

    新しい通信技術や通信ネットワークの開発者

    携帯電話をはじめ、身のまわりの通信機器をみるだけでも日々新しい技術が導入され進歩を続けている。そんな通信の世界で、より進んだ技術を生み出し、高度で便利なネットワークを生み出していく。

  • 電気通信技術者・研究者

    現代社会では欠かせない通信やネットワークに関する様々な技術や研究開発を行う。

    電話やインターネットなど、電気通信に関するさまざまな技術を開発し、新しい通信システムなどを設計・管理するのが電気通信技術者。電話会社や情報通信会社、それらの設備設計・施工を行う会社や、電気機器メーカーなどで活躍する。銀行のATMシステムやインターネットバンキング、電車や飛行機などの制御システムなど大規模なものから、企業内のイントラネットなどの設計・管理など個別のものまでさまざまな分野に関わる。これらの電気通信技術が今後どのように成長し、それが世の中をどう変えていくのかなど研究する。

初年度納入金:2018年度納入金 166万3200円  (入学金30万円、授業料他 含む)

学科の特長

学ぶ内容

安心・安全・便利な未来の高度情報化社会を創る通信ネットワーク技術を実践的に習得
通信ネットワークエンジニアの基礎として、情報通信システムの設計・構築・運用に関わる技術を学びます。また、最先端の技術として、ネットワークセキュリティ、クラウド、ビッグデータ、人工知能、IoTについての技術も学びます。これらの専門技術は、社会で活かせるよう、ゼミや講義などを通じて実践的に習得します。

カリキュラム

実験講義を通じて理論を深く体得し、時代の変化に適応する応用力を習得
通信ネットワークやアプリサーバの構築実験、アプリ向けのプログラミング実験、安心安全のためのセキュリティ実験などを通じて、専門の知識や技術を実践的に習得します。実験を通じて理論を深く体得することで、時代の変化に適応する応用力も養います。実践的なカリキュラム構成により、資格の取得にも有効です。
夏期・冬期休暇中の短期留学や、ゼミ研究成果の国際会議での発表などで国際感覚を強化
夏期や冬期の休暇中に海外の大学へ短期留学する制度があります。これを活かせば、大学4年間の在学中に、企業インターンシップと同様の感覚で、留学体験が行えます。また、ゼミで研究成果を挙げ、国際会議において英語で発表する学生もいます。これらは、国際感覚の強化以上に、とても貴重な体験となるでしょう。

研究テーマ

通信ネットワーク技術の応用により、様々な社会問題の解決を目指す卒業研究
卒業研究として通信ネットワーク技術に関わる研究を行っています。「クラウドの計算能力・セキュリティの研究」「Twitter災害情報の収集・分析の研究」「VPNによる独居老人見守りシステム」「DTN技術を利用した被災者支援の研究」「分散型の仮装ファイアウォール実装の研究」「Wi-FiとBluetoothを用いたMANETの研究」など。

資格

高度な知識を有するエンジニアを目指す方には、資格を利用したステップアツプをサポート
カリキュラムは、様々な資格の取得が意識されています。例えば、通信機器ベンダーの資格取得を目指す方には、通信機器の実験講義が役立ちます。また、特定の資格向けに、集中講義も実施されています。資格を段階的に取得し、ステップアップを実感できれば、エンジニアとしてさらなる高みを目指せることでしょう。

雰囲気

大企業や大使館に囲まれた都心の環境で、学生が教職員と一緒に学内外で活躍する暖かな雰囲気
多くの企業や大使館が位置する港区の高輪キャンパスは、ビジネス色や国際色が豊かです。就職活動や企業インターンシップにも大変便利な立地です。また、教職員が暖かく見守る中、学生は講義の合間に企業や学会の会合に参加したり、地域住民と積極的に交流するなど、学内外で活躍しており活気に満ちています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • ネットワークスペシャリスト試験<国> 、
    • 情報処理安全確保支援士試験<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    NECネッツエスアイ 、 NTTデータMSE 、 沖電気工業 、 ドコモ・テクノロジ 、 日本電産エレシス 、 東日本旅客鉄道 、 日立情報通信エンジニアリング 、 富士通ネットワークソリューションズ 、 みずほ情報総研 、 厚生労働省 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒108-8619 東京都港区高輪2-3-23 高輪教学課
TEL:03-3441-1171

所在地 アクセス 地図・路線案内
高輪キャンパス : 東京都港区高輪2-3-23 JR・京浜急行「品川」駅下車 徒歩18分
地下鉄浅草線「泉岳寺」駅下車 徒歩10分
地下鉄南北線・地下鉄三田線「白金高輪」駅下車 徒歩8分

地図

 

路線案内


東海大学(私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る