• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 東海大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 海洋学部
  • 海洋機械工学専攻

私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本

トウカイダイガク

東海大学 海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻

定員数:
60人

ものつくりの立場から船、機械、ロボットなどの技術を学び、海の環境保持と利用を考えます。

学べる学問
  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

目指せる仕事
  • 航空機・船舶技術者・研究者

    航空機や船舶の技術開発や研究を行う

    飛行機や船舶の船体から中で使用される電気・電子装備などすべての機器類の設計・開発を行う。パーツごとに、それぞれが高度に専門科しているので、チームを組んで開発にあたる。特に大型旅客機は国内では生産していないため、海外メーカーと共同で部品や内部設備の設計・製造に取り組む企業もある。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • 環境アセスメント調査員

    地域開発が自然に与える影響を事前に調査する

    道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する。現地の川や雑木林などの利用状況、またそこにいる生物の生息状況などを調査する。事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための提案も行う。

  • 海洋学技術者・研究者

    海の資源を調査・開発したり、海洋土木など、海を有効活用するための技術・開発を行う。

    地球の7割を占めるという海をより有効活用するため、海洋に関するさまざまな情報収集や研究を行う。海底や海中の海の地形、気象、資源などを調査・開発したり、海洋土木など海での土木・建築のための新たな技術や工法の研究などで、海を新たなフィールドとしていかに役立てることができるかを研究したりする。また、船舶や水中船などの性能をいかにあげるかなどの研究も行われている。大学や専門の研究機関で研究活動を行うのが主。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2020年度納入金 174万4200円  (入学金30万円、授業料他 含む)

東海大学 海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の学科の特長

海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の学ぶ内容

船や水中ロボットなど海に関する“ものつくり”と、海洋資源・エネルギー開発で社会に貢献
私たちの生活に必要不可欠な船や、海洋の資源やエネルギーなどの海洋開発に用いられる機械を開発。船やロボットの製作、コンピュータを使った実習などにより、ものを生み出す技術や創造性を身につけ、問題解決能力を磨きます。また、工学と海洋学を軸に様々な科目を履修することで、社会を支えるエンジニアを育成します。

海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の授業

波浪中性能および操縦性能に関する「船体運動学」について理解
船舶の安全性に対して重要な波浪中性能および操縦性能に関する船体運動学について正しい知識が得られるように基礎から解説。波浪中の運動については6自由度運動方程式を、操縦運動は水平面内の3自由度運動方程式を対象とします。授業を通じて「船体運動分野の現状の課題と今後の方向性」を自ら考えられるようにします。
機械設計技術者に必要な基礎知識を習得する「機械力学」
エンジニアにとって機械力学は重要な学問分野です。機械力学に関係する運動や力の一般的な事項に触れ、次に回転機械、往復機械などを取り上げ、理論について説明。また、機械材料の振動現象についても理解してもらうため、基本的な理論の解説も行います。授業中に演習問題を解くことで、機械力学の基礎の理解を図ります。
ロボットを工学的な立場から解析し、制御技術を学ぶ「ロボット工学」
現在は、色々な作業をロボットに任せることにより、高速・高精度に行うことができます。そしてロボットの利用範囲は年々広がってきています。この講義では、ロボットを制御工学的な面から捉え、ロボットの制御、センサー技術、知能化技術の基礎を学習します。また、最新のロボット開発状況についてもビデオなどで学びます。

海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の研究テーマ

海洋の資源・エネルギーなど、海洋開発に関する研究を行っています
海洋には、様々な海底鉱物やエネルギー資源が眠っており、日本の南鳥島海域の水深6000mの海底下にも、工業製品の性能向上に欠かせないレアアースが高濃度に堆積していることがわかっています。このレアアース堆積物を回収するためにエアリフトポンプという空気を使った揚鉱システムを考案し、その性能計算を行っています。
高度な海中作業を行える水中ロボットの研究・開発を行っています
より高度な海中作業を目指してコンピュータ、センサ、アクチュエータの統合化を行い、ソウトウェアも含む水中ロボットを開発。ロボットの実証試験を行うために琵琶湖や石垣島等で調査活動を行っています。また、環境調査や生物調査、遺跡調査などにも役立てようと、他大学や他の専門分野の研究者と共同研究を進めています。

東海大学 海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の学べる学問

東海大学 海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の目指せる仕事

東海大学 海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の資格 

海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種)

海洋環境士(本学認定資格)

東海大学 海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の就職率・卒業後の進路 

海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の主な就職先/内定先

    深田サルベージ建設、飛鳥建設、日鉄住金パイプライン&エンジニアリング、かもめプロペラ、今治造船、尾道造船、新来島どっく、名村造船所、阪神内燃機工業、常石造船、三井E&S造船ホールディングス、海洋技術開発、ゼニヤ海洋サービス、日本海事検定協会、日本小型船舶検査機構、焼津市役所 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

東海大学 海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の入試・出願

東海大学 海洋学部 航海工学科 海洋機械工学専攻の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒424-8610 静岡県静岡市清水区折戸3-20-1 清水教学課(入試広報担当)
TEL:054-337-0144(直)
E-mail:umi@ml.tokai-u.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
清水キャンパス : 静岡県静岡市清水区折戸3-20-1 JR東海道線「清水」駅より、「東海大学三保水族館」行き、または「三保車庫前」行きバス乗車(約20分)。「東海大学・海技短大前」下車 徒歩2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東海大学(私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る