• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京家政大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • O.H.さん(家政学部 児童教育学科/小学校教諭)

私立大学/東京・埼玉

トウキョウカセイダイガク

イラストを使って説明すると、子どもたちもより関心をもって聞いてくれます

先輩の仕事紹介

厳しくも優しい指導ができる先生を理想に、学校は楽しいところだと感じてもらえる指導を目指しています。

小学校教諭
家政学部 児童教育学科 卒/2016年3月卒
O.H.さん

この仕事の魅力・やりがい

最初に経験したのは4年生の担任でした。低学年と高学年の境目で友だち関係や心理面等で変化が起き始める年頃です。初めは私の話を聞かせることさえ苦労することもありましたが、先輩方のサポートの中、子どもたちと向き合ううち次第に打ち解けていけるようになりました。嬉しかったのは生徒が質問に来てくれるようになったこと。「分かる楽しさ」を知ることが学習の第一歩だと思っていたので、子どもたちの変化を見て達成感のようなものを感じました。次に担当したのが体力づくりの活動が始まる5年生。低学年を助けている光景を見るとその成長ぶりに嬉しくなります。これからも「厳しくも優しい指導ができる」理想像を追究し頑張っていきます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

教員という仕事に興味をもったのは、小学校4年生のときの担任の先生がきっかけ。授業にも遊びにも一生懸命な先生で、私もこんな教師になりたいと思うようになりました。東京家政大学を志望したのはオープンキャンパスで出会った在学生がキラキラと輝いて見えたからです。厳しさの中にものびのびと楽しく学べる雰囲気を感じ、ここで教員の道を目指そうと決めました。授業はすべてが教員になるために必要なものでしたが、とりわけ各教科の教育法の授業では先生の立場から「教える」ことを学び、授業を楽しくするポイントをたくさん教えていただきました。

この日の授業は保健。ケガの応急処置などについて話しました

学校で学んだこと・学生時代

「最初にモノを使って見せると、児童を授業に引き込むことができる」。これは教育法の授業で本当に印象的だったことです。例えば、算数の授業の初めにカードやティッシュの箱を使って分かりやすくポイントを説明すると、子どもたちは自然と興味をもって授業に入り込める。この教えの素晴らしさを身をもって実感したのは、2年次の埼玉県川口市の小学校での学習支援ボランティアでのことでした。もちろん教員になった今はその教えを日々の授業で実践しています! ほかにも3年次の1月から埼玉県の公立小学校教員を目指す学生を対象にした「埼玉教員養成セミナー」を受講。採用試験対策を含め、教員になるための心構えも身につきました。

子どもの興味を引く具体的な教え方も、在学中たくさん学びました

O.H.さん

埼玉県内小学校勤務/家政学部 児童教育学科 卒/2016年3月卒/小学校4年生のときの担任にあこがれて教員を目指すようになった。東京家政大学在学中は、授業に加え小学校の学習支援ボランティアや、埼玉教員養成セミナーにも積極的に参加。夢をかなえる努力を重ねた。所有資格は小学校教諭1種のほか、幼稚園教諭1種、学校図書館司書教諭、レクリエーション・インストラクターなど。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京家政大学(私立大学/東京・埼玉)