• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京経済大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経済学部
  • 国際経済学科

私立大学/東京

トウキョウケイザイダイガク

国際経済学科

「グローバル」と「リージョナル」、二つの側面から国際経済を追究し、広い視野を持つ国際経済人を育成する

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    経済学をベースに、現実の経済の動きや、ビジネスの実践的な業務に必要な方法論や仕組みを、調査・分析などを通して学ぶ。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 財務

    企業の経営資金に関する戦略を経営者に提案する

    会社が経営を進めていく上で必要な資金を正しく算定し、最も有利な調達方法を経営者に提案する。株式の発行、銀行との折衝、M&Aなどを担当することもある。

  • 証券アナリスト

    投資価値調査や未来予測の専門家

    企業の財務状況や業績の見通し、あるいは広く、産業全般や経済、金融の動向を調査・分析し、個人や金融機関投資家の資産運用について、アドバイスをする。データを集め、膨大な数字から投資価値の評価やいま何に投資すればいいのかを予測するためには、一般企業の動向から為替や原油価格、金利の動向などさまざまな情報を分析しなければならない。

  • ファイナンシャルプランナー

    生涯設計の資産設計プロデューサー

    顧客に関するあらゆるデータを収集・分析し、顧客のライフプランを達成するための貯蓄計画、投資計画、保険・保障対策、相続対策などの資産設計をし、実行を手助けする仕事。ファイナンシャル・プランナーは銀行や生・損保、証券を中心とした金融機関に始まり不動産、ノンバンク、流通系の企業でも導入。

  • 公認会計士

    企業の財政状況を、第三者の立場で公正に監査する

    売上げや利益、財政状況を公表するために企業が毎年行わなければならない決算の際、社内の経理・会計部門が作成した財務諸表や税額などを、第三者の立場で公正にチェックし、内容を証明する仕事。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

初年度納入金:2017年度納入金 119万6800円 

学科の特長

学ぶ内容

充実した入門科目で基礎を固め、経済を軸に社会全体を見渡す広い視野を養う
★「グローバル」と「リージョナル」、二つの側面から国際経済を追究
★国際経済人としての「英語力」「情報活用力」を重視

カリキュラム

経済学の基礎を身につける1年次、学科の基礎を学ぶ2年次
1年次では経済学科・国際経済学科共通の導入教育で、経済の基礎を学びます。現代経済学入門、経済数学入門など、経済を学ぶための基礎力を身につけます。2年次以降は基本科目、展開科目、演習(ゼミ)により、3年次以降各学科で必要となる基礎力を養成しつつ、問題解決思考を身につけていきます。
3年次以降は学科にわかれ、世の中の問題に取り組む
3年次から「経済学科」または「国際経済学科」のいずれかを選択します。専門分野をより深め、幅広い教養を身につけます。日本と世界のつながりや、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなどの外国の経済を学ぶと同時に国際ビジネスパーソンとしてのコミュニケーション能力を身につけるため、外国語の積極的学習を行います。
アドバンストプログラム:グローバルキャリアプログラム
グローバルキャリアプログラムは国際力を身につける選抜制プログラムで、オーストラリアまたは中国での5ヶ月間の海外研修を通して、語学習得および現地企業等での2週間のインターンシップを経験します。留学前の徹底した授業と帰国後のサポートも万全。正規プログラムのため休学も不要、研修先の授業料も大学が負担します。

ゼミ

問題点を相対化し、自ら判断できる力を養う:演習(ゼミ)
指導教員別にテーマが異なるゼミは、2年次から履修。国際経済学のゼミの一つでは、現代社会が抱える問題から、身近なテーマを選択し、調査・研究によって基礎力を身につけます。研究結果に対し、賛成派・反対派に分かれ、ディベートを行うこともあり、多様な意見に接することで自ら判断できる力を養います。

制度

学びながら、学部を選べる「キャリアデザインプログラム」が2017年4月誕生!
全学部の基礎を1年次に履修し、興味のある学部に2年次から所属できる「キャリアデザインプログラム」。2年次以降は、金融・広告・グローバル等、所属学部以外の授業も履修可能。AO・一般入試で50名(全学部の定員に含む)を募集します。4年間を通じたキャリア教育で、明確に将来を設計することができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【商業】<国> (1種)

目標とする資格

    ファイナンシャル・プランナー【AFP・CFP(R)】
    各種英語検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    みずほフィナンシャルグループ 、 三菱UFJ信託銀行 、 多摩信用金庫 、 埼玉県信用保証協会 、 第一生命保険 、 オーバル 、 住友林業 、 東日本旅客鉄道 、 日本郵便 、 日本郵便 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※卒業生は、金融業、製造業、小売業、サービス業、地方公務員などを中心に各界で活躍中!

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34
042-328-7747(入試課)
nyushi@s.tku.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
国分寺キャンパス : 東京都国分寺市南町1-7-34 JR中央線/西武国分寺線・多摩湖線「国分寺」駅から南口を出て徒歩 12分
京王線「府中」駅より京王バス 約15分 「国分寺駅南口」下車 徒歩12分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京経済大学(私立大学/東京)