• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京工科大学
  • 好奇心の授業一覧
  • 椅子がゲーム!?ゲームの中に人が入り込む!?

私立大学/東京

トウキョウコウカダイガク

好奇心の授業

IT・機械・テクノロジー
椅子がゲーム!?ゲームの中に人が入り込む!?
テーマphoto
さまざまな研究により進化するゲーム
皆さんを楽しませてくれるゲーム。現在ではPC、家庭用ゲーム機、スマホなど、デバイスもさまざまです。手軽なソーシャルゲームからVR・ARのような最新テクノロジーを用いたタイプまで、ゲームの形態もさまざまに進化しています。こうした進化があるのは、リアルな動き、美しい映像、新たなゲームシステムなどについて、実はさまざまな研究がなされていることにより生み出されているのです。
椅子がコントローラーに!
ゲームそのものや画面デザインも立派な研究分野です。また、話題のVRを使ったゲーム開発も研究のひとつです。例えば、学生が開発したとあるVRゲームのシステムでは、椅子そのものがコントローラーになっていて、椅子を傾けた方向にキャラクターも進みます。ヘッドマウントディスプレイをかぶると、ゲーム画面の中に入って移動しているような没入感で楽しませてくれます。このようにVRを用いることで没入感が格段にアップしますが、その一方でプレイヤーがゲーム映像に酔ってしまう「VR酔い」といわれる症状もあります。これを軽減する演出手法なども研究が必要な部分で、ゲームを科学する分野は多岐にわたっているのです。
脳波を測定し楽しめるポイントを分析
東京工科大学では、ここで紹介したようなゲームに関する幅広い研究ができます。もちろん、プログラミングやサウンド、CG、プロデューシングといった実際のゲーム制作技術を身につけることも可能。1年次から専門性の高い演習の授業で技術的なことを学んだのちに、高度な研究に着手することもできます。例えば、最近では、脳波を測定する機器を用いて心理状態を分析し、人がプレイにおいて特に集中したり楽しんでいるポイントを分析し、制作に生かすゲームデザイン手法なども研究されています。
これって実は・・・メディア学、情報学、コミュニケーション学
学べるのは、ココ!
東京工科大学 メディア学部 
photo
メディア学部は、文系・理系・芸術系を融合したメディア学のパイオニア。最初に全員が技術中心の基礎科目をしっかり学べる利点があります。基礎を確実に身につけられるので、高校時代に文系であっても理系であっても、自らの興味や目標に応じてさまざまなメディア分野へ進むことが可能です。3年次後期からメディア社会の多様化に対応する領域を配した「メディアコンテンツコース」「メディア技術コース」「メディア社会コース」から1コースを選択します。3つのコースから関心や領域別に科目を選ぶことができ、カリキュラムは一人ひとりの意欲的な学修や研究の発展を可能にする自由度の高いものとなっています。

東京工科大学(私立大学/東京)