• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京工芸大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 化学・材料コース

私立大学/東京・神奈川

トウキョウコウゲイダイガク

化学・材料コース(2019年4月設置予定)

化学の力で生命・環境の美しい未来をクリエイトする

学べる学問
  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。このように、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問が材料工学です。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。卒業後の進路としては、材料系をはじめとするメーカーが挙げられます。また、大学院に進学して研究をつづける人も多いようです。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • 半導体技術者・研究者

    ダイオードやトランジスタ、集積回路(IC)などに組み込まれている半導体に関する技術の研究や開発を行う。

    コンピュータや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、携帯電話など、あらゆる電気製品の小型化・高性能化に成功しているのは、半導体がチップやLSIに大量に組み込まれるようになったから。半導体技術者は、この半導体を開発し、いかに効率よく限られた基盤の中に収めるかを設計し、チェックを繰り返して製品化する。半導体を専門に扱うメーカーのほか、電気・電機メーカーはじめ、さまざまな企業が手がけている。さらに企業の枠を超えて半導体の学会で論文を発表し、大学や各種研究機関とともに研究を進める半導体研究者も多い。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • 環境計量士

    濃度や騒音レベルを計量する

    計量器の整備、正確性の保持、計量方法の改善など、適正な計量のための環境保持をする仕事。具体的には、濃度や騒音レベル、振動レベルを測り、工場や事業所などでの計量に問題がないよう必要な措置を講じていく。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

初年度納入金:2018年度納入金 155万5000円  (うち入学金20万円)

学科の特長

学ぶ内容

エネルギー、分析、物性、環境、先端/機能性材料…、化学の力で美しい未来をクリエイトする
エネルギー化学、分析化学、物性化学、環境化学など汎用性の高い「応用化学」と有機、高分子、無機、半導体などの「先端材料」で構成。次世代の技術者に必要な情報技術科目、薬品や装置を使った豊富な実験と演習を通して実力をつける。また、強みとなる環境系の資格取得サポート体制も充実。※2019年4月リニューアル構想中

カリキュラム

化学物質に関する専門知識と安全に取り扱う技術、さらに活用する応用力を身につける
1・2年次では、有機化学、無機化学、物理化学といった基礎知識について丁寧に時間をかけて学習し、化学の基礎をしっかりと固め、3・4年次では基礎知識を応用し、さらに高度な知識の習得に取り組む。化学関係法規や環境関係法規といった資格取得(公害防止管理者など)に必要な知識について授業を通じて無理なく学べる。

研究室

化合物や物質を設計して合成し、性質を知り、活用する化学は工学技術の根幹を支えている
応用化学や先端材料をテーマに各研究室が新しい研究に挑んでいる。環境負荷が少なく、軽くて容量の大きい新しい電池やキャパシタ、新しい機能や性質を持つ高分子や炭素材料の研究、化学反応で構築できるナノスケールの微細構造と活用、化学分野の分析技術を活用した新しい環境分析など、今後の工学を支える研究に携わる。

卒業後

万全のサポート体制で就職率NO.1をめざす!
1・2年次から技術者(エンジニア)に必要な「心」と「力」を身につけるためのキャリア教育科目を開講。特に理工系学生が苦手とする文章力やプレゼンテーション力の強化に力を入れ、万全の準備で就職活動が始められる。こうした取り組みにより2017年3月卒業生では学部全体で98.7%(就職者数313人)と高い就職率となった。

資格

高校教諭1種【理科】*、中学校教諭1種【理科】*のほか資格取得を支援する授業が充実
所定の単位を修得すれば高等学校教諭1種【理科】*、中学校教諭1種【理科】*の教員免許や学芸員の資格が認定される。公害防止管理者、危険物取扱者(甲種)、環境計量士などの資格取得を支援する講義・実験・無料課外講座・受験料援助制度がある。資格を有する専任学科教員による指導も充実。(*申請予定)

施設・設備

循環型社会形成に貢献する研究を行う「ナノ科学研究センター」
文部科学省学術フロンティア推進事業の一環として設立された本センターでは、新しい分子機能の創出と計測に重点をおき、生命現象に関わる分子の基本構造解明や高効率エネルギー変換について研究がされている。NMRや走査型プローブ顕微鏡など最先端の研究設備があり、学生が自ら操作できる環境が整っている。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種・申請予定) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種・申請予定) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 毒物劇物取扱責任者<国> (卒業後)

ほか

目標とする資格

    • 公害防止管理者<国> 、
    • 危険物取扱者<国> (甲種) 、
    • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者<国> 、
    • IT パスポート試験<国> (基本・応用) 、
    • 有機溶剤作業主任者<国> 、
    • 色彩検定(R)

    環境計量士<国>    
    情報処理技術者試験<国>   
    食品表示検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    花王(株) 、 京セラ(株) 、 東急建設(株) 、 リコージャパン(株) 、 フジパングループ本社 、 大和ハウス工業(株) 、 前田建設工業(株) 、 高砂熱学工業(株) 、 河西工業(株) 、 前田道路(株) ほか

※ 2017年3月卒業生実績

(工学部全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒243-0297 神奈川県厚木市飯山1583
TEL 0120-12-5246(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
厚木キャンパス : 神奈川県厚木市飯山1583 小田急小田原線「本厚木」駅下車 「厚木バスセンター」7番乗り場からバス「東京工芸大学」行きで 20分

地図

 

路線案内


東京工芸大学(私立大学/東京・神奈川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る