• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京情報大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 須田準人さん(総合情報学部 総合情報学科/不動産企画開発)

私立大学/千葉

トウキョウジョウホウダイガク

リモートワークなど「通勤しないで働く時代が来る」と言われる中で、丸の内(会社)に来ることに付加価値をつけ「移動する価値」を創出していきたいですね。

先輩の仕事紹介

目指すは、日本のGDPを増やすこと!強い日本を復活させるために、自分ができることを精一杯していきたい。

不動産企画開発
経営情報学部経営学科(現・総合情報学部 総合情報学科)/1997年3月卒
須田準人さん

この仕事の魅力・やりがい

オフィスや店舗など事業用不動産を管理する会社に勤めています。その新事業として「コトフィス」という保育所付ワーキングスペースを企画し、3拠点目の開業準備をしています。この「コトフィス」の存在が日本企業の「新しい働き方」を考えるきっかけになればいいですね。現在、電鉄会社やバス会社とコラボして、妊娠中や子連れでも安心して通勤できる「新しい通勤スタイル」の実施を仕掛けています。今後、日本の働き手が減っていくと言われる中で、まずは「子どもを作るリスクの軽減と共に、女性が働きやすい環境を整えること」が急務。良質な働き手が増えれば、日本のGDP(国民総生産)の成長にもつながります!やりがいも大きいですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

不動産に興味があり入社しました。学生時代から人と話すことと、ゼロから何かを作り上げていくことが好きでした。イベントの企画を考え、実施のためにスポンサー企業を集めるなど、学業よりも熱心だったかもしれません(笑)。今は不動産管理会社として企業から話を伺い、それらの問題解決のために企画を考え、実施に向けて行動するといったプロセスがとても楽しいですね。実際にコトフィスも、建築上オフィスとして貸すことが難しいスペースの有効利用と、仕事復帰するお母さん、優秀な人材を確保したい企業、各々が抱える問題を知ったからこそ生まれたもの。自分の発想でみんなが便利に幸せになってくれたら…こんなに嬉しいことはありません。

コトフィスのエントランス。子どもがわくわくするような楽しい空間を演出!どんなインテリアにするか考えるのも仕事の一つ。

分野選びの視点・アドバイス

「何を学びたいか」を考えるよりも、大学で「何を学べるか」という視点で分野を選んでみてはいかがでしょうか? と同時に「自分がやりたくないこと」を考えていくと、「自分は何がやりたいのか?」ということが自然と見えてくると思います。「大学で学べること」と「自分がやりたいこと」の2つをリンクさせて、めざす方向を見定めてみてください!そしてぜひ大学でしっかりと学ぶことをオススメします。しっかりとした知識に加え、行動力をバランスよく携えていれば、困難な場面に遭遇しても、打開するための新しいアイデアを思いついたり、正攻法じゃない面白いストーリーを考えついたりと、仕事や人生に役立つことが多いと実感しています。

「ただ子どもを預けるだけじゃなく、子どもに様々な経験をさせたい」と保護者がコトフィスに求めるレベルは高く、楽しいイベントの企画も行います。

須田準人さん

三菱地所プロパティマネジメント株式会社/経営情報学部経営学科(現・総合情報学部 総合情報学科)/1997年3月卒/イベント企画を行う部署で活躍している時に新事業の社内公募に応募。80以上の応募から受賞した3つの内、仕事スペース付保育所「コトフィス」、外国人観光客をターゲットにした「丸の内ホリデー」の2つが須田さんの企画だった。現在2つのメイン担当に。勤務地は丸の内。通勤時間を勉強時間に充て、今まで宅地建物取引士、二級建築士、ファイナンシャル・プランナー【AFP】、ビル経営管理士、不動産証券化協会認定マスター等を取得。「資格取得が目的というより、知識を得て視野を広げ、仕事に活かしたかったので学びました」と須田さん。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京情報大学(私立大学/千葉)