• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京情報大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 茂木 公博さん(総合情報学部 総合情報学科/事業開発)

私立大学/千葉

トウキョウジョウホウダイガク

新しいものを創り出す仕事の面白さを実感する毎日です

先輩の仕事紹介

新しいビジネスや店舗を創り出し、お客様のベストスタイルとなるサービスを提供したい

事業開発
経営情報学部 経営学科(現・総合情報学部 総合情報学科)/1996年3月卒
茂木 公博さん

この仕事の魅力・やりがい

フィットネスクラブやリフレクソロジーサロンを運営する会社で物件開発を担当しています。物件開発とは、どのエリアに新しい店舗を出すのか、どんなコンセプトの店舗にしていくのかを考える仕事です。データを駆使して市場調査を行い、駅の乗降客数や昼間人口などの情報を総合的に分析し、出店場所を決めていきます。情報網を広げて入手できる情報を増やすことも重要ですが、情報を取捨選択し、整理する力も必要となります。そうしたデータを読む力や分析力、情報を整理する力は、東京情報大学での学びで得たもの。仮説を立てて、データを解析していく中で、仮説と分析の結果がカチッとハマったときに、この仕事の醍醐味を感じますね。

これからかなえたい夢・目標

2016年から展開しているフィットネスクラブ「BEST STYLE FITNESS」を50店舗、20年以上の歴史のあるリフレクソロジーサロン「Queensway」を100店舗へと拡大することが大きな目標です。この3年の間に実現したいですね。また、新しいエステブランドの開発、新たにレストラン事業に参入するためのメニュー開発も手がけています。企画を立てるときは3年周期、長くても5年周期で考えるようにしています。3~5年で流行は移り変わるので、そこを見越して仕掛けをしておかないと長く成功し続けることはできないんです。そうしたビジネスマインドも東京情報大学で学べたことのひとつ。思い描いたビジネスの実現に向けて、日々努力を重ねています。

大学時代に経験したこと全てが現在のビジネスの糧に

分野選びの視点・アドバイス

大学時代は、やりたいことをやる絶好の機会。だからこそ「大学で何をするのか」をしっかりと考えることが大切です。大学を選ぶときには、どんな授業があるのか、どんな先生から学べるのかに目を向けてほしいですね。その中で自分に合った雰囲気や環境の大学をぜひ見つけてください。私の携わっているフィットネスクラブ「BEST STYLE FITNESS」は、その人それぞれのベストなスタイルを提供できることをコンセプトにしています。一人ひとりの学生の「やりたい」という気持ちをサポートしてくれる情報大はまさにベストスタイル。カリキュラムが充実していることに加え、自然豊かなキャンパスで仲間との絆を深めながら学べる環境だと思いますよ。

卒業後何年経っても大学の仲間との絆は変わりません

茂木 公博さん

株式会社BEST HERBS 管理本部勤務(株式会社ツカダ・グローバルホールディングより出向中)/経営情報学部 経営学科(現・総合情報学部 総合情報学科)/1996年3月卒/「情報学」という時代の先端の知識や技術を学べることに惹かれて、東京情報大学に入学。興味ある分野を伸ばすサポートが充実した学習環境の中、情報学とともに経営学についても学ぶ。大学卒業後は、自動車や産業エンジンなどの開発を行う企業へ就職。その後、IT企業やウェディング事業を展開する企業などを経て、一部上場企業の子会社で代表取締役社長も経験。株式会社ツカダ・グローバルホールディングに入社後は、新店舗や新規事業を立ち上げる業務を担う中心として活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京情報大学(私立大学/千葉)