• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東邦大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 増子 愛奈さん(看護学部 看護学科/看護師)

私立大学/東京・千葉

トウホウダイガク

「周囲に目を配ることができる看護師」が目標

先輩の仕事紹介

患者さんとの出会いや経験から成長していける「看護師」という仕事を長く続けたい

看護師
看護学部看護学科/2015年3月卒業
増子 愛奈さん

この仕事の魅力・やりがい

消化器内科・外科の入院病棟に勤務しています。消化器疾患、特にがんや炎症性腸疾患を中心に内科・外科の両方を担当しており、患者さんの年齢・性別や病状は多岐に渡ります。症状の重い患者さんの中には、うまく言葉で伝えることができず、つらい思いをされている方もいます。一人ひとりの患者さんに合ったケアが必要になり、看護師として今何をすべきか常に考え行動することが大切です。患者さんの症状が緩和されることで笑顔を見せてくれたり、ご家族から感謝の言葉などをいただいた時は、何より嬉しいですね。様々な患者さんとの出会いや経験から学ぶことが多く、成長し続けられる看護師という仕事に、長く関わっていきたいと考えています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の時、学校の校庭にドクターヘリが着陸し、患者さんを搬送する場面に遭遇しました。緊迫した状況の中、看護師の方は患者さんに的確な処置を行いつつ、動揺しているご家族にも冷静に対応していました。緊急時でも迅速かつ丁寧に対応する看護師の姿に感動し、いつしか自分も看護師を目指したいと思うようになりました。高校生の時、看護師志望者向けの職業体験に参加し、その時にお世話になった看護師の方に「患者さんと関わるには感性を磨くことが大切」と教わりました。大学進学を考えた時、東邦大学には知識・技術だけでなく、豊かな人間性を身につけられる授業があると知り、理想の看護師に近づけると考え入学を決めました。

病室をまわり、検温や血圧測定の結果をカルテに記録

学校で学んだこと・学生時代

実習や演習等、患者さんへの関わり方を学んだ授業は今でも役に立っています。学生実習の時に、大腸がんの患者さんの手術後のケアを担当させていただきました。人工肛門の管理について必死で勉強し、患者さんやご家族の方が少しでも不安や疑問を解消できるよう、できる範囲でサポートをしました。実際に患者さんと関わることで、授業だけではなかなか学ぶことができない看護のスキルや、看護師として何をすればいいか深く考えることができたのは、何よりいい経験でした。一番つらいのは患者さん、そしてそのご家族です。実習での患者さんとの関わりによって、改めて看護師になることを強く意識することができるようになったと思います。

実習によって、看護師になることを強く意識しました

増子 愛奈さん

東邦大学医療センター佐倉病院/看護学部看護学科/2015年3月卒業/本学を第一志望とした理由は、人間教育を含め、充実したカリキュラムや付属する病院との連携がきちんと取れているところに魅力を感じ、ここで学びたいと思ったから。また、オープンキャンパスに参加した際、先生や先輩方の和やかな雰囲気にも惹かれたそうだ。国家試験の勉強では、先生のサポートや同じ目標を持つ友達に助けられた。学習量が多い分、乗り越えられる環境を大学が整えてくれたことに感謝しているとのこと。看護師5年目、病棟でキャリアを積み重ね、目の前の仕事だけでなく患者さんやそのご家族、同僚にも目を配れる看護師を理想に掲げ、今日も看護にあたっている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東邦大学(私立大学/東京・千葉)