• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東邦大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山本 直輝さん(理学部 化学科/高校教諭(化学)、サッカー部コーチ)

私立大学/東京・千葉

トウホウダイガク

学びと経験を人生の糧にしてください

先輩の仕事紹介

化学、教職、サッカー、ボランティア…大学で学び経験したこと全てを糧に、高校教諭へ

高校教諭(化学)、サッカー部コーチ
理学部 化学科/2016年卒
山本 直輝さん

この仕事の魅力・やりがい

高校の教員として化学の授業を担当しているほか、2学年のクラス担任、サッカー部のコーチも務めています。化学の授業では、生徒たちに興味を持ってもらえるよう私なりに工夫した教材を使っています。また、東邦大学の先生方がそうだったように、生徒からの質問には分かるまで丁寧に教えるようにしています。そのように日頃から学校生活の中で密なコミュニケーションをとり、生徒たちと信頼関係を築きたいと思っています。高校生は皆、様々な個性と可能性を持っています。少しでも成長した姿を見せてくれた時はとても嬉しいですね。生徒一人ひとりと向き合うことは簡単なことではありませんが、それこそが教員の一番のやりがいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

親族に教員をしている者が多く、子どもの頃からこの仕事を身近に感じていました。教員になりたいと具体的に考えるようになったのは、高校生の時です。化学の先生、部活動の先生、担任の先生など、熱心な先生方にお世話になったことから将来の目標にしたいと思うようになったのです。教員になるなら得意だった理系、中でも理科、化学を教えたい。そして、子どもの頃から大学までやっていたサッカーを教えたいとも考えていました。高校の教員に決めたのは、教育実習先を考える中でしっかりと化学を教えたいと思ったからです。教員になるという目標を据えてからも、日々の学びや人との出会いから考えを深め、具体的な方向性を見つけていきました。

授業では動画やPC画面などオリジナル教材も使います

学校で学んだこと・学生時代

大学時代は非常に充実していました。1年次から化学科の授業を主に平日に受け、土曜は朝から教員養成課程の授業、土曜の午後はサッカー部の練習に励むという日々でした。教員になって化学とサッカーを教えたい、という目標がありましたので特に大変だとは思いませんでした。化学科は、実験が豊富にでき幅広い研究分野から研究室を選ぶことが可能で、化学について幅広い知識と技術を修得することができました。休日には、子どもたちに化学を教えるボランティアや復興ボランティアなど様々な学外活動にも参加。視野を広く持ち様々な人の立場で考えることを学びました。大学生活を通して、多くのことを学び経験することの大切さに気づきました。

忙しい日々でしたが目標があったので充実していました

山本 直輝さん

千葉県立八千代高等学校 教諭/理学部 化学科/2016年卒/同年に教員養成課程を修了し、高等学校教諭一種免許状(理科)を取得。親族に教員が多く、子どもの頃から一番身近な仕事だった。教員という仕事の素晴らしさ・大変さ、どちらの話も聞いていたが、自身がお世話になった先生方からの影響で高校生の頃から教員を目指すように。化学の専門性を高め教員養成課程でもしっかり学びたいと考え、東邦大学理学部化学科に入学。化学科では講義・演習・実験を反復し化学的知識と技術を確実に修得。東邦の化学科は、実験設備が充実し実験に打ち込めることが魅力だという。毎週土曜開講の教員養成課程でも学び抜き、夢だった高校教諭(化学)へ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東邦大学(私立大学/東京・千葉)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路