• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東邦大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大崎 将吾さん(看護学部 看護学科/看護師)

HCUは、ICUよりやや重篤度の低い患者さんを受け入れる集中治療病棟

先輩の仕事紹介

集中治療病棟・HCUで、看護のプロとして回復につながるケアと和らぎを提供したい

看護師
看護学部看護学科/2014年3月卒業
大崎 将吾さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

看護師としてHCU(High Care Unit)という病棟に勤務しています。主に、心不全や肺炎など重症患者さんの緊急入院を受け入れたり、外科手術直後から回復期に差し掛かる患者さんの看護にあたっており、一つひとつの看護活動に慎重さが求められます。状態の変わりやすい急性期の患者さんには、患者さんの要望に応えつつ、看護師として患者さんの経過や病状を正確に把握し、人柄や性格も勘案しながら、病状回復につながるケアを心掛けています。また、回復期の患者さんには、通常の生活が送れるよう支援していきます。状態が良くなり一般病棟に移る患者さんを見送る時は、何より嬉しい瞬間です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

母が看護師のため、子どもの頃から一番身近な仕事でした。朝も夜も前向きに仕事に向かう母を尊敬していました。私が中学生の時、母が勤める高齢者施設で1日体験をする機会があり、私は子どもながらに精一杯入所者の方と接しました。後日、その日を機に、ある入所者の方が治療に前向きになったとの話を聞きました。医療を通じて人の力になりたいと考え始めたのはその時です。幅広く学べるカリキュラムと3つの付属病院に魅力を感じ、東邦大学を志望しました。大学では、4年間、授業や実習で真剣に学ぶうちに、看護師として必要な知識・技術や姿勢が身に付いたと思います。看護に興味があるなら、とことん学べる環境に身を置くことが大事です。

日勤から夜勤担当への引継ぎは念入りに行います

学校で学んだこと・学生時代

1年次の「自然体験学習」では、3泊4日のキャンプ生活を体験。強風の中で登山を行うなどチームで課題に取り組み、自然の厳しさやチームワークの大切さを身をもって学びました。3年次の「病棟実習」では、実際に患者さんを受け持つことで座学では学べない看護のスキルを身に付けることができました。国家試験対策については、定期的に学校で模試を受けることができ、結果についても先生から個別指導いただけたので、本番の試験に備えることができました。看護学部は男子学生が少なく、先輩・後輩との結びつきが強かったため、学びから課外活動まで充実した学生生活を送ることができました。

付属病院と連携し臨床に強い医療人を育成します

大崎 将吾さん

東邦大学医療センター大橋病院 看護部/看護学部看護学科/2014年3月卒業/大学時代には「基礎看護学研究室」に所属。看護そのものについて系統的に学ぶ研究室で、世界及び日本の看護の動向や先人の看護の理論等を学びながら、看護とは何か、医療の質とは何か、等を研究。卒業研究としては「男性看護師による職場環境への和らぎ」と題し、男性看護師の必要性について独自の研究結果を論文にまとめた。今でもその考えは変わっておらず、的確な看護と場の和みを提供することが男性看護師の大事な役割だそうだ。今後の目標は、さらに患者さんと職場に貢献しながら病棟での経験を積み、いずれは専門領域を決め認定看護師等に挑戦したいと考えているという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東邦大学(私立大学/東京・千葉)
RECRUIT