• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桃山学院大学
  • 入試科目・日程
  • 推薦入試

私立大学/大阪

モモヤマガクインダイガク

英語・国際文化学科

公募制推薦入試(前期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数65名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数65名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数65名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数65名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数65名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

公募制推薦入試(後期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数32名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数32名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数32名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数32名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数32名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

社会学科

公募制推薦入試(前期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数61名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数61名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数61名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数61名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数61名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

公募制推薦入試(後期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数30名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数30名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数30名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数30名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数30名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

社会福祉学科

公募制推薦入試(前期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数19名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数19名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数19名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数19名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数19名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

公募制推薦入試(後期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数9名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数9名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数9名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数9名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数9名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

法律学科

公募制推薦入試(前期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数45名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数45名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数45名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数45名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数45名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

公募制推薦入試(後期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数22名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数22名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数22名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数22名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数22名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

経済学科

公募制推薦入試(前期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数86名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数86名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数86名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数86名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数86名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

公募制推薦入試(後期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数43名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数43名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数43名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数43名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数43名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

経営学科

公募制推薦入試(前期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数53名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数53名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数53名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数53名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数53名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

公募制推薦入試(後期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数26名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数26名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数26名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数26名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点、計200点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式200点+調査書(評定平均値×15)75点、計275点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍、計300点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(後期)<小論文型>

募集人数26名 ※推薦入試後期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(200点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/20~12/3(インターネット受付)12/812/18一次 12/18~1/18、二次 12/18~2/14
<出願>最終日の23:59まで。
試験地本学、大阪北、奈良、和歌山、岡山、高松
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

ビジネスデザイン学科2019年4月設置予定(届出中)

公募制推薦入試(前期)<スタンダード方式・調査書重視方式・高得点重視方式>

募集人数10名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件-
選考の要素面接、学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)
【必】面接(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点+面接100点、計300点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式300点+調査書(評定平均値×15)75点、計375点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍+面接100点、計400点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数10名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素面接、学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)
【必】面接(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点+面接100点、計300点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式300点+調査書(評定平均値×15)75点、計375点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍+面接100点、計400点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

専門学科・総合学科推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数10名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定3.5 (全体の評定平均値)
出願条件高等学校の専門学科(職業教育を主とする学科)もしくは総合学科の出身者。
選考の要素面接、学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(300点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)
【必】面接(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<学科試験型>[スタンダード・調査書重視・高得点重視方式]

募集人数10名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素面接、学力試験
個別学力試験2教科2科目
【必】外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II ※マークシート方式、60分。(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)
【必】面接(100点)

国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
スタンダード方式の受験が必須。スタンダード方式での志望学科に調査書重視方式(調査書を点数化)、高得点重視方式で併願可能。
スタンダード方式:各科目100点+面接100点、計300点満点。
調査書重視方式:スタンダード方式300点+調査書(評定平均値×15)75点、計375点満点。
高得点重視方式:スタンダード方式2科目のうち高得点科目の得点を2倍+面接100点、計400点満点。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)試験日自由選択制 11/12、11/1311/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の同一入試制度(小論文型を含む)における2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。

特別活動推薦入試(前期)<小論文型>

募集人数10名 ※推薦入試前期(公募制、専門学科・総合学科、特別活動)の合計。
現浪現役・既卒 2017年3月以降の卒業者。
併願併願可(学外)
評定-
出願条件下記に該当する者。
<スポーツ、文化活動>
近畿大会などの地方大会や全国大会、または世界大会に出場した者。都道府県大会の個人成績が8位以内、または団体成績が4位以内の者。※高等学校(中等教育学校後期課程)在学中の実績に限る。
<資格・検定>
情報:応用情報技術者試験合格、基本情報技術者試験合格、情報セキュリティマネジメント試験合格、ITパスポート試験(IP)合格、全商情報処理1級(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)。
簿記・会計:全商簿記1級(会計または原価計算)、日商簿記2級以上、BATIC(国際会計検定)アカウンタントレベル以上。
その他:全商ビジネス文書実務検定1級(ビジネス文書部門・速度部門)、漢字検定2級以上、数学検定2級以上、法学検定ベーシックコース以上。
選考の要素面接、学力試験、小論文・作文
個別学力試験1教科1科目(300点満点)
【必】小論文・作文 ※小論文:600~800字、60分。(100点)
《選》外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II(100点)
《選》国語:国総・現文B ※近代以降の文章。(100点)
《選》数学:数I・数A(100点)
【必】面接(100点)

コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総・現文B、数I・数Aから1科目選択(マークシート方式、60分)。
入試問題の難易差により受験者の平均点に差異が生じたと判断した場合は、中央値補正法により得点調整を行う。
<外国語の外部試験得点利用制度>受験者が保有する以下の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、70点の3段階に換算し合否判定を行う。「英語」を受験した場合は得点の高い方を採用。
英検準2級以上、IELTS 3.0以上、TEAP 150以上、TOEFL iBT 42以上、等。英語以外にも対象となる語学検定あり。
入試日程
出願期間試験日合格発表日入学手続き期間
-11/1~11/6(インターネット受付)11/1211/21一次 11/21~12/13、二次 11/21~1/24
<出願>最終日の23:59まで。
試験地金沢、大阪北、大阪南、奈良、和歌山、米子、岡山、高松、高知、那覇
検定料30,000円
同一期の学科試験型を併願する場合、2判定目以降の検定料は1判定につき5,000円。
各入試の旧教育課程履修者に対する経過措置については、直接学校にお問い合わせいただくか、募集要項等でご確認ください。

情報提供もとは株式会社旺文社です。掲載内容は2019年募集要項の情報であり、内容は必ず各学校の「募集要項」などで
ご確認ください。学校情報に誤りがありましたら、こちらからご連絡ください。
桃山学院大学(私立大学/大阪)