• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 山口
  • 徳山大学

私立大学/山口

トクヤマダイガク

徳山大学の風景

自分の“好き”を仕事に変える力をつけ、地域を元気にする人材を育成

自分の“好き”をきわめ、人間力を磨き、生涯のキャリアを描きながら、地域の中で自分の役割を見つけていく事ができるよう、地域活動を積極的に実践。地域を元気にし、自らも地域の中で輝ける人材を育成します。

徳山大学の特長

徳山大学の特長1

スポーツ、経済、福祉、マンガ、心理など、特色ある学びができるコースや専攻が魅力!

徳山大学の大きな特長の一つが、経済学部の中に「スポーツマネジメント」や「知財開発」など、スポーツ・マンガ・映像などが学べるユニークなコースを設置していること。自分の“好き”を学べるだけでなく、これらのコースが経済学部の中にあることで、“好き”を“ビジネス=未来の仕事”に変えていくことを目指せます。その指導には、映像制作とその背後にあるマーケティングのノウハウを伝授する現役の映画監督や、有名スポーツ企業のブランディング戦略を託された実業家など、数多くの熱くて魅力的な先生が集い、自分の能力を極めていこうとする学生を強力にサポート。経済学部にありながら、「教員免許」を目指せることも特長の一つです。

徳山大学の特長2

独自のEQ教育プログラム。キャリア形成の基礎となる"人間力"を養成

在校生や卒業生が語る徳山大学の魅力の第一は、“人と人とのあたたかい雰囲気”。それは長年行ってきた独自のEQ教育によるものです。IQ を頭の知性とするなら、EQは心の知性=生きる知恵といえるでしょう。自己を知り、他者を知り、人間関係を深めていく。社会で能力を発揮していく際に必要となる能力です。入学直後に2泊3日の合宿形式で行われるトレーニング演習に始まり、2年次、3年次と集団形成能力の養成、社会環境に適応したマネジメント能力の養成など段階的にステップアップ。大切な仲間をつくりながら、キャリア形成の基礎となる総合的“人間力”を育て、仕事を楽しくやっていけるように教育を進化させています。

徳山大学の特長3

学外活動を通じて、人と人をつなぐ力を身につける!「地域ゼミ PROJECT」

地域の人たちと関わりながら、学生が主体となって地域の身近な問題を見つけ、その解決に向けて調査・分析から解決策の提示までを行う「地域ゼミ」を2年次に行います。例えば、「農業から始めるビジネスの魅力」「周南グルメの創出による起業体験」「周南市を題材としたゲームの企画」などテーマはさまざま。座学だけではなく、アクティブラーニングを取り入れて、学外に飛び出し、学生目線で地域と関わり、自分たちにできることを考えて行動する経験を積んでいきます。「人と人」「街と人」をつなぐゼミでの体験を通して、社会で必要とされるコミュニケーション能力や主体性、問題解決能力が身についていきます。

右へ
左へ
徳山大学の特長1

スポーツ、経済、福祉、マンガ、心理など、特色ある学びができるコースや専攻が魅力!

徳山大学の大きな特長の一つが、経済学部の中に「スポーツマネジメント」や「知財開発」など、スポーツ・マンガ・映像などが学べるユニークなコースを設置していること。自分の“好き”を学べるだけでなく、これらのコースが経済学部の中にあることで、“好き”を“ビジネス=未来の仕事”に変えていくことを目指せます。その指導には、映像制作とその背後にあるマーケティングのノウハウを伝授する現役の映画監督や、有名スポーツ企業のブランディング戦略を託された実業家など、数多くの熱くて魅力的な先生が集い、自分の能力を極めていこうとする学生を強力にサポート。経済学部にありながら、「教員免許」を目指せることも特長の一つです。

徳山大学の特長2

独自のEQ教育プログラム。キャリア形成の基礎となる"人間力"を養成

在校生や卒業生が語る徳山大学の魅力の第一は、“人と人とのあたたかい雰囲気”。それは長年行ってきた独自のEQ教育によるものです。IQ を頭の知性とするなら、EQは心の知性=生きる知恵といえるでしょう。自己を知り、他者を知り、人間関係を深めていく。社会で能力を発揮していく際に必要となる能力です。入学直後に2泊3日の合宿形式で行われるトレーニング演習に始まり、2年次、3年次と集団形成能力の養成、社会環境に適応したマネジメント能力の養成など段階的にステップアップ。大切な仲間をつくりながら、キャリア形成の基礎となる総合的“人間力”を育て、仕事を楽しくやっていけるように教育を進化させています。

徳山大学の特長3

学外活動を通じて、人と人をつなぐ力を身につける!「地域ゼミ PROJECT」

地域の人たちと関わりながら、学生が主体となって地域の身近な問題を見つけ、その解決に向けて調査・分析から解決策の提示までを行う「地域ゼミ」を2年次に行います。例えば、「農業から始めるビジネスの魅力」「周南グルメの創出による起業体験」「周南市を題材としたゲームの企画」などテーマはさまざま。座学だけではなく、アクティブラーニングを取り入れて、学外に飛び出し、学生目線で地域と関わり、自分たちにできることを考えて行動する経験を積んでいきます。「人と人」「街と人」をつなぐゼミでの体験を通して、社会で必要とされるコミュニケーション能力や主体性、問題解決能力が身についていきます。

右へ
左へ
徳山大学の特長1

スポーツ、経済、福祉、マンガ、心理など、特色ある学びができるコースや専攻が魅力!

徳山大学の大きな特長の一つが、経済学部の中に「スポーツマネジメント」や「知財開発」など、スポーツ・マンガ・映像などが学べるユニークなコースを設置していること。自分の“好き”を学べるだけでなく、これらのコースが経済学部の中にあることで、“好き”を“ビジネス=未来の仕事”に変えていくことを目指せます。その指導には、映像制作とその背後にあるマーケティングのノウハウを伝授する現役の映画監督や、有名スポーツ企業のブランディング戦略を託された実業家など、数多くの熱くて魅力的な先生が集い、自分の能力を極めていこうとする学生を強力にサポート。経済学部にありながら、「教員免許」を目指せることも特長の一つです。

徳山大学の特長2

独自のEQ教育プログラム。キャリア形成の基礎となる"人間力"を養成

在校生や卒業生が語る徳山大学の魅力の第一は、“人と人とのあたたかい雰囲気”。それは長年行ってきた独自のEQ教育によるものです。IQ を頭の知性とするなら、EQは心の知性=生きる知恵といえるでしょう。自己を知り、他者を知り、人間関係を深めていく。社会で能力を発揮していく際に必要となる能力です。入学直後に2泊3日の合宿形式で行われるトレーニング演習に始まり、2年次、3年次と集団形成能力の養成、社会環境に適応したマネジメント能力の養成など段階的にステップアップ。大切な仲間をつくりながら、キャリア形成の基礎となる総合的“人間力”を育て、仕事を楽しくやっていけるように教育を進化させています。

徳山大学の特長3

学外活動を通じて、人と人をつなぐ力を身につける!「地域ゼミ PROJECT」

地域の人たちと関わりながら、学生が主体となって地域の身近な問題を見つけ、その解決に向けて調査・分析から解決策の提示までを行う「地域ゼミ」を2年次に行います。例えば、「農業から始めるビジネスの魅力」「周南グルメの創出による起業体験」「周南市を題材としたゲームの企画」などテーマはさまざま。座学だけではなく、アクティブラーニングを取り入れて、学外に飛び出し、学生目線で地域と関わり、自分たちにできることを考えて行動する経験を積んでいきます。「人と人」「街と人」をつなぐゼミでの体験を通して、社会で必要とされるコミュニケーション能力や主体性、問題解決能力が身についていきます。

右へ
左へ

徳山大学からのメッセージ

7月14日(日)、8月10日(土)、9月14日(土)に開催するオープンキャンパスでは、徳山大学2019年度入試の過去問題集(公募推薦、一般入試)を配布します。徳山大学の受験を考えている方はぜひご参加ください。
※過去問題集の送付は行っていません。

(7/4更新)

徳山大学の学部・学科・コース

現代経済学科 (定員数:80人)
  • 現代経済コース

  • コミュニティ経済コース

  • ファイナンスコース

人間コミュニケーション学科 (定員数:50人)

  • 社会福祉コース 社会福祉専攻

  • 社会福祉コース 介護福祉専攻

  • 社会福祉コース 生涯スポーツ専攻

  • 情報コミュニケーションコース メディア情報専攻

  • 情報コミュニケーションコース 心理学専攻

徳山大学のオープンキャンパスに行こう

OCストーリーズ

この学校のオープンキャンパス情報を見る

イベント

すべて見る

徳山大学の入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しております。

入試情報を見る

合格難易度

徳山大学の学費(初年度納入金)

【2020年度納入金】経済学部/知財開発コース以外:合計116万8160円、知財開発コース:合計119万8160円 福祉情報学部/合計116万8160円
(入学金、授業料、施設費、その他諸納付金含む)(別途パソコン教材費8万円)

徳山大学の就職・資格

卒業後の進路データ (2018年3月卒業生実績)

就職希望者数145名
就職者数141名
就職率97.2%(就職者数/就職希望者数)
進学者数6名

就職支援

1年次からの就職支援で、4年後の内定をサポート!「キャリア形成支援システム」など大学独自の取り組みで安心

Wアドバイザー制度は、教員と職員がペアになり、担当となった学生の4年間の学生生活の助言、サポートをしていく制度です。加えて大学独自のキャリア形成支援学生データベース(CASK)があり、取得単位数やキャリア設計に対する抱負など学生一人ひとりのデータを共有・活用することで、きめ細やかで適切な就職に関する支援を受けることが可能です。その他、1年次必修の「教養ゼミ」でのキャリア関連講義の導入や、2年次からスタートするキャリア関連科目「キャリアプランニングI~III」、大手予備校との提携による「公務員・教員採用試験受験対策講座」など、早期から充実したサポート体制で、内定・合格への道筋をつくります。

徳山大学の問い合わせ先・所在地・アクセス

徳山大学 入試室

〒745-8566 山口県周南市学園台
TEL:0834-28-5302 (直)

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県周南市学園台 「徳山」駅から久米温泉口行バス20分 大学高専下下車 徒歩3分
「徳山」駅から徳山高専行バス20分 大学前下車 徒歩1分

地図

 

路線案内

徳山大学のブログ・インフォ

  • 2019年09月13日 09:43 BLOG

    9月14日(土)オープンキャンパスのスケジュールと模擬講義の内容をお知らせします。 模擬講義は時間帯が2つに分かれていますので、どれに参加するか事前に決めておくと当日の動きがスムーズです。

    http://www.tokuyama-u.ac.jp/news/exam/914.html

  • 2019年09月03日 16:24 BLOG

     アメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルス(LA)からバイオラ大学の男子サッカーチーム「ザ・シーホース」(団長・団員33人)が今年も8月16日(金)、徳山大学を訪れ、本学の男子サッカーチームとの試合を中心とする交流を行いました。バイオラ大学はLA近郊のディズニーランドパークに近い場所にある総合大学で、アメリカらしい巨大スポーツコンプレックスが自慢の大学です。 バイオラ大学ホームページ バイオラ大学キャンパスマップ  同大学から毎年男子・女子チームが交互に来ており、夏の恒例交流となっています。今回もお盆休みにも関わらず、本学のサッカー部員と男子サッカー部の中村重和監督、女子サッカー部の田中龍哉監督、さらには本学・法人の池田和夫理事長も同チームを出迎え、おりからの猛暑を涼風で吹き飛ばすようなすばらしい交流となりました。  交流のさいごには団長のポール・ギジ先生より、池田理事長、中村監督、田中監督に「来年は女子サッカーチームがやってきます。コーチ陣も楽しみに準備をしています」と述べ、来夏の再会を約束しました。

    http://www.tokuyama-u.ac.jp/news/topic/tu_biola_football.html

  • 2019年09月03日 12:44 BLOG

    8月28日(木)・29日(金)の2日にわたり、中学高校の保健体育教諭免許取得の選択科目である「水泳Ⅱ」の集中講義が行われました。 自然に恵まれた周南市に立地する徳山大学ならではの、海での授業となりました。 写真は2日目の授業の様子です。 ご協力いただいたマリーナ・シーホースのみなさまありがとうございました。

    http://www.tokuyama-u.ac.jp/news/topic/828292_2.html

  • 2019年09月02日 12:02 BLOG

    以下の2019(平成31)年度入試学科試験・適性検査の問題と解答例を公開しました。 ・一般推薦入試Ⅰ期・Ⅱ期(国語※現代文) ・一般入試Ⅰ期(【必須】国語※現代文【選択】英語、情報) ・一般入試Ⅱ期(【選択】国語・英語) ⇒入試概要ページ(入試過去問題) 一部著作権処理の関係上公開できない問題があります。 非公開問題の閲覧を希望される方は徳山大学入試室にお越しください。

    http://www.tokuyama-u.ac.jp/news/exam/201931.html

  • 2019年08月26日 10:35 BLOG

    第11回アクティブ・ラーニング勉強会が開催されました。(2019/8/19)  文科省AP(大学教育再生加速プログラム)事業の一環として、「第11回 アクティブ・ラーニング勉強会~高等学校における「探究」と高大連携の在り方~」が本学ラーニング・コモンズにて開催されました。  これまでも本AP事業では年2回予定しておりますAL勉強会のうち1回を高大接続・高大連携をテーマに開催して参りました。今回の勉強会では、学内外から約50名の方々に参加いただき、高等学校における「探究」をキーワードに、高等学校における課題解決型学修(PBL)やアクティブ・ラーニング(AL)の実践状況や、探求・PBL実施を大学がいかに支援できるかについて理解を深めました。  本学学長である髙田隆による開会あいさつの後、さっそく「高校生のPBL(探究)を大学はいかに支援できるか -桜ヶ丘高校での実践を手がかりに-」のタイトルで本学教員である大坂遊(徳山大学経済学部講師)・井出野尚(徳山大学経済学部准教授)の連名による講演が行われました。両教員が本学2年次必修のPBL入門科目「地域ゼミ」において2017年から継続している、山口県桜ケ丘高等学校の探究活動の支援についてこれまでの活動内容のほか、大学の授業の中での高校生のPBL支援における困難・課題や今後の展望について報告がなされました。  講演において、課題解決の前段階となる「課題発見」や、課題解決を「提案」にとどめずいかに「実践」まで発展させるか、といった点の重要性が指摘され、高大連携PBLにおける大学(教員・学生)の果たすべき多様な役割が整理されました。課題解決の「成果」については、一般的な正解ではなく個別の状況に即した「最適解」を求めること、連携・活動の継続性が必要であること、学生・生徒にとっての活動の意義づけのための振り返り・省察の重要性が強調されました。  講演後には、高大連携PBLによる生徒の進路への寄与についてや、PBL活動の評価の在り方についてなど活発な質疑応答が行われました。  休憩をはさみ、熊本県立熊本北高等学校教諭であると同時に、アクティブラーニング型授業研究会くまもと代表でもある溝上広樹先生より「高等学校における探究活動と授業づくり」と題してご講演いただきました。高等学校における指導要領改正に「探究」がキーワードとなっておりALの重要性が高まっていることを踏まえて、授業へのAL導入についての先生自身がこれまでなされてきた工夫を中心にお話いただきました。  探究活動においては、生徒の探究心を育むためのテーマ設定としてリフレクションの「玉ねぎモデル」を意識し、環境から信念・アイデンティティ・ミッションへとつながる振り返りを行うこと、ミーティングを可視化する工夫を行うことや、アウトプットとフィードバックを行うため発表の場を設けること、また、教員側もいかに生徒を支えるのか探究活動において目指す姿を共有することなどについてご説明頂きました。探究活動においては、生徒の関心と課題をいかにつないでいくかが重要であることが指摘されました。  また、AL型の授業づくりについては、目標設定・振り返りにおける1枚ポートフォリオ、動機付けにおける看図アプローチ、解説におけるKP法、内容理解におけるジグソー法など、先生が実際に授業で活用されている方法を例を示しながら説明頂きました。また、評価基準から行動目標を作る「シングルポイント・ルーブリック」など、試行中の手法についてもご紹介いただきました。  参加者同士の自己紹介や質疑応答などをペアやグループでのワークとして組み込まれ、まさにALを体現されるようなご講演となりました。会場とのやり取りにおいては、探究活動の活動人数や、ジグソー法の活用法、学外資源の活用法、問い立ての重要性等々について様々な質問や意見が出されました。高等学校だけでなく大学の授業にも活用できるアイデアや手法のつまったご講演となり、参加者全員にとって有意義な会となりました。  ふたつの講演の終了後、本学経済学部長・AL推進委員長である河田正樹教授より閉会のあいさつが行われ、第11回AL勉強会は無事終了いたしました。  本AP事業は今年度をもって終了となりますが、本事業の成果を広く地域に還元していくため、高等学校との接続・連携を意識した勉強会は補助事業終了後も継続して開催していく予定です。今後もどうぞご期待下さい。

    http://www.tokuyama-u.ac.jp/news/cat357/20190819al.html

徳山大学(私立大学/山口)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 吉備国際大学

    積極的な国際交流を展開すると同時に、地域社会への貢献をめざす総合大学

  • 東亜大学

    医療・健康スポーツ・栄養・デザイン・観光・教育・美容・心理…実学と教育の総合大学

  • 環太平洋大学

    自ら描いた「夢」に、「志」高く挑戦し続ける人が集う大学。

  • 就実大学

    110年の時を経てもなお、未来へつながる学びを充実させる総合大学

  • 岡山商科大学

    公務員や地元企業への就職に強い。フィールドスタディを軸に、地域貢献する人材を育成

  • 川崎医療福祉大学

    医療の高度化・複雑化により求められるメディカルスペシャリストを本気で育てる大学

  • 福山大学

    その一歩が未来につながる。学生の成長を応援する環境で学び、社会で活躍できる人材に

  • 山口学芸大学

    教育・保育のスペシャリストに必要な見識・知識を身につけ、心を育む

  • 広島修道大学

    2017年4月健康科学部開設、2018年4月国際コミュニティ学部開設

  • 梅光学院大学

    希望者全員参加型の海外留学制度をはじめ、多彩なプログラムで夢実現をサポート!

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる