• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本女子大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 国際文化学部

日本女子大学 国際文化学部 (2023年4月開設)

定員数:
121人

世界を、時代を、自分を越える。ーさまざまな境界を越え、新たな社会を創造できる個へ。

学べる学問
  • 文化人類学

    世界の文化から、特性や相互関係を調査する

    さまざまな民族や文化圏の衣・食・住・家族などを対象に未開と文明を比較し、フィールドワークなどを通じて、人類の文化の共通性、異質性、多様性を知る学問。

  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 語学(英語以外外国語)

    アジア、ヨーロッパなどの各国の言語と文化・歴史などを学ぶ

    中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語などの外国語を使う力を養う。それぞれの言語を使う国々の文化、社会、政治、歴史などについても学び、外国への理解を深める。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

目指せる仕事
  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 外務公務員

    外務省や大使館、領事館で、日本の安全と繁栄を守る

    外務省(東京の霞が関にある本省と海外にある大使館など)で働く人たちが外務公務員。めまぐるしく変化する国際社会の中で、私たちが未来にわたり安全で豊かな生活が送れるように、外交政策を企画・立案する。その政策をもとに、世界中に設置された在外公館のネットワークを通じて外交の最前線で働く。

  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • 図書館司書

    「本」と「利用者」の出会いを作る、図書整理&図書紹介のプロフェッショナル

    都道府県や市町村の公共図書館、私立図書館、大学図書館、学校図書館、国立国会図書館、専門図書館に勤務し、本や資料の収集・分類整理・管理、蔵書の貸出、情報提供(レファレンス)、広報などに従事する専門職員を「図書館司書」(=司書)と呼びます。正規職員の場合は「司書」の国家資格をもって働く人がほとんどです。「司書」の資格を取得するためには、「大学・短大で司書養成科目を履修して卒業する」「大学などが開講する司書講習を受講する」などの方法があります。また、学校図書館で子どもに読書指導を行う司書(司書教諭)として働くためには、「司書教諭」の免許が必要になります。「司書教諭」の免許を取得するためには、教員免許が取得でき、かつ司書教諭講習科目が受講できる大学や短大を目指すことになります。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

bug fix
初年度納入金:2023年度納入金(予定) 134万860円 
bug fix

日本女子大学 国際文化学部の募集学科・コース

国際文化学科
※2023年4月開設

世界を、時代を、自分を越える。ーさまざまな境界を越え、新たな社会を創造できる個へ。

日本女子大学 国際文化学部の学部の特長

国際文化学部の学ぶ内容

言語や国境を越えた「国際的」な視点で、多様な「地域文化」と「芸術文化」の理解を深める
2023年4月に「国際文化学部(仮称)」設置予定(構想中)です。「国際文化学部(仮称)」は、「国際文化」「地域文化」「芸術文化」の各領域を複合的に学ぶことで、日常に当たり前に存在するさまざまなモノやコトを自らの視点で新しくとらえ直す力が身につきます。
●国際文化:国・言語を越える
1年次全員必修の「スタディ・アブロード・プログラム(海外短期研修)」を通じて国際的な視点を意識し、培ったグローバルな自己と日本文化を発信する
●地域文化:地域を越える
国内外の都市や地方が抱える地域文化の新たな課題を発見し、解決を通じて、世界にその文化を発信する
●芸術文化:日常を越える
国内外の芸術(美術・音楽・ダンス・映画・ポップカルチャー等)を現代の視点で読み解き、芸術創作や芸術批評を試みながら文化研究を深め、その成果を発信する

国際文化学部のカリキュラム

脱教室・脱キャンパス型の新しい学び、「スタディ・アブロード・プログラム」
脱教室・脱キャンパス型の学びとして、1年次全員必修の「スタディ・アブロード・プログラム」では2週間、日本国外での研修を実施。異なる文化・地域・言語を直接体験することにより、個々の専門分野への関心や問題意識を深めるとともに、理解・共感に必要な外国語のレベルを実地で経験し、学びへの導入とします。
「実践プログラム」と集大成としての「卒業研究」
「スタディ・アブロード・プログラム」を履修した後、2・3年次必修の「実践プログラム」では、海外・国内の異文化体験を踏まえ、社会のフィールドにおける文化的課題に他者と協力して取り組み、コミュニケーション力と社会における実践力を養成します。4年次には集大成として「卒業研究」を完成させます。

国際文化学部の授業

少人数による教育
ゼミ形式の講義を展開するなど少人数による教育を実施し、一人ひとりをきめ細かくサポート。教員との距離が近いため、アットホームな雰囲気が特徴です。
研究室の先生に分からないことを質問できるオフィスアワー制度では、勉強や進路に関することをいつでも相談できるアドバイザーも配置。教職員がきめ細かく学生の向学心を支えています。

国際文化学部の卒業生

社会に貢献する数多くの卒業生を輩出
1901年(明治34年)の創立以来、学術分野・社会・国際舞台・地域・企業などで活躍する多くのリーダーを輩出しています。「女子を人として教育する」という建学の精神は伝統として脈々と受け継がれており、卒業生は、生涯を通して女性らしく、磨かれた個性と教養を発揮しながら、社会の多彩な分野で活躍しています。

国際文化学部の学生支援・制度

全学的な文理融合のプログラムを設置
2021年、本学の全学的な情報教育科目群は、文部科学省が定める「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に認定されました。必修科目として全学生が数理・AI・データサイエンスに関する基礎的内容を学びます。さらに、「キャリア教育認定プログラム」「社会連携教育認定プログラム」「AI・データサイエンス・ICT教育認定プログラム」の3つのプログラムも設置し、専門教育とともにこれらのプログラムを履修することにより、豊かな思考力・表現力・実践力を身につけます。
学びの意欲を守る多彩な奨学金制度
経済支援として、日本女子大学桜楓奨学金(30名程度、30万円給付、2021年度実績)等があります。奨励賞として、日本女子大学学業成績優秀賞・研究奨励賞(2~4年次の各学科1名、授業料半額免除、2021年度実績)の他、各学部・学科による独自の表彰制度もあります。また、創立者を記念し、学業人物優秀者を表彰する成瀬仁蔵先生記念賞(学部4年次、記念品授与)があり、卒業式で表彰しています。その他、学寮に入寮した地方出身者を支援する日本女子大学泉会spring新入生奨励金(15名程度、20万円)等があります。
目白キャンパス敷地内の食事付き学寮
全室個室の学寮がキャンパス敷地内にあります。リノベーションの後に、2021年度から再び開寮しました。
【安全】寮地区に警備員を配置、寮建物に管理人が住込みで常駐、入退館システムで管理しています。門限は24時です。
【運営】寮生と学寮担当の教職員が関わりながら運営しています。管理は業務委託しています。
【個室】居室は約8畳、家具、ベッドは作り付けです。
【交流】各階の談話室はキッチン付きで、学科を超えた交流の場となっています。
【食事・清掃】朝食・夕食付きで、清掃(共有場所)は委託しているので、生活時間にゆとりができます。
世界の名門大学で専門分野を学ぶ協定大学留学制度
在学中に最長1年間留学できる協定大学・認定大学留学の制度があります。夏期や春期など長期休暇中には多彩な大学公認海外研修もあります。
【協定大学一覧】(抜粋)
〔米国〕ウェルズリー・カレッジ、マウント・ホリヨーク・カレッジ、オレゴン大学〔カナダ〕マギル大学〔韓国〕梨花女子大学〔英国〕ノッティンガム大学、ブリストル大学、ランカスター大学、ヨーク大学、ウォリック大学〔仏〕ボルドー・モンテーニュ大学〔スウェーデン〕ウプサラ大学(教育学部)〔中国〕河南師範大学〔台湾〕静宜大学、逢甲大学(建築専業学院)〔ベトナム〕フエ大学外国語大学

国際文化学部のキャンパスライフ

2021年4月、百二十年館が開館、新しい目白キャンパスでの学びがスタート
創立120周年を迎えた2021年4月、本学卒業生であり世界的な建築家 妹島和世氏のグランドデザインによる新たな目白キャンパス(東京都文京区)での新しい学びが始まりました。人間社会学部が西生田キャンパスから移転し、創立の地・目白キャンパスに家政学部、文学部、人間社会学部、理学部が統合しました。2023年には国際文化学部(仮称)、2024年には建築デザイン学部(仮称)が設置予定(構想中)であり、私立の女子総合大学として文理融合の多様な連携が本格化します。教育・研究室棟の百二十年館は、2019年に開館した図書館に続き、「ラーニング・コモンズ」を備えた明るい空間となっています。また新学生棟の杏彩館(きょうさいかん)も合わせて、創立者・成瀬仁蔵の教育方針である「自学自動」、すなわち自ら学び、自ら行動する学習姿勢を育む環境で、多様で非連続に変化する社会において、新しい明日を共に創る人材を育てています。

日本女子大学 国際文化学部の就職率・卒業後の進路 

【想定される活躍分野・業界】
外資系企業、国連機関、国際NPO、ベンチャー企業を起業、ジャーナリズム・マスコミ関係、金融機関、放送業、航空運輸業、サービス業、美術館・博物館の学芸員、芸術振興分野を担当する公務員・公的団体職員 ほか

日本女子大学 国際文化学部の問い合わせ先・所在地

〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
TEL:03-5981-3163(広報課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
目白キャンパス : 東京都文京区目白台2-8-1 JR山手線「目白」駅から徒歩 15分
東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅から徒歩 8分
東京メトロ有楽町線「護国寺」駅から徒歩 10分
都電荒川線「鬼子母神前」停留所から徒歩 10分
「目白」駅から直通バス5分 「日本女子大前」下車すぐ

地図

 

路線案内

※なお、本計画は構想中で新学部の名称やカリキュラム内容等は変更となる場合があります。

他の学部・学科・コース

日本女子大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT