• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 在校生レポート一覧
  • 小島 豪さん(生物資源科学部 食品生命学科 食品分析学研究室/3年)

私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

キャンパスライフレポート

授業やサークル活動で培われた、食の安全を守りたいという思い

生物資源科学部 食品生命学科 食品分析学研究室 3年
小島 豪さん
  • 神奈川県 県立鶴嶺高等学校 卒
  • クラブ・サークル: 食品生命学学術研究会

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    NMR(核磁気共鳴装置)で食品を分析中

  • キャンパスライフPhoto

    サークルの研究発表

  • キャンパスライフPhoto

    食品や衛生に関する新聞も発行しました

学校で学んでいること・学生生活

会長を務めていた食品生命学学術研究会の活動です。自分たちで自由に計画を立て、大学の施設を借りて、小麦粉のグルテンでガムをつくったり、ごま油のマヨネーズをつくったり、さまざまな実験に挑戦してきました。また、食中毒の情報などを載せた新聞を毎月発行し、学部祭で展示したこともありました。

これから叶えたい夢・目標

大学の授業やサークルでの活動で、食中毒や食品の安全に興味を持つようになりました。また、大手パンメーカーでのインターンシップでは、社員の方々の安全や衛生に対する意識の高さや向上心に感銘を受けました。そこで、将来はこれまで得た知識を生かし、食品メーカーなどで衛生管理の仕事に携わりたいと考えています。

この分野・学校を選んだ理由

昔から化学が好きで、人に身近な化学というと食品に関することだと考え、この学科を選びました。僕は卒業研究でNMRという高価な分析装置を使っているのですが、こうした設備の充実ぶりも大学の魅力だと思います。

分野選びの視点・アドバイス

この大学の先生方は、学生たちの自主的な活動に対して、とても親身に対応してくださいます。やりたいことを相談すれば、実験室なども使えますし、自分たちで行動さえすればどんなことでもできる大学だと思いますよ。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目
2限目 食品保蔵学 発酵食品学 食品添加物論
3限目 食品化学 食品製造工学実験II 食品衛生学実験II
4限目 食品衛生学実験II 食品衛生学実験II
5限目 食品衛生学実験II 食品衛生学実験II
6限目

3年次(2016年度)後期の時間割表です。※生物資源科学部では、6限の授業は実施しておりません。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)