• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 在校生レポート一覧
  • 清水 大貴さん(生物資源科学部 食品ビジネス学科 食品産業構造研究室/4年)

私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

キャンパスライフレポート

食を作る、動かす、楽しむ、フィールドや実習で食を実践的に学べます

生物資源科学部 食品ビジネス学科 食品産業構造研究室 4年
清水 大貴さん
  • 茨城県 牛久栄進高校 卒
  • クラブ・サークル: Cavaliere(サッカーサークル)

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    学科にある統計資料室でデータ収集

  • キャンパスライフPhoto

    食糧生産実習では農場で野菜を収穫

  • キャンパスライフPhoto

    サッカーサークルのムードメーカーです

学校で学んでいること・学生生活

もっとも印象に残っている学びは、2年生の時のフィールドリサーチですね。二泊三日で北海道に行き、食品メーカーの工場や札幌の中央卸売市場などを見学しました。私は食品業界に興味があり、そちらへの就職も希望しているので、生産や物流の現場で直にお話をうかがうことができ、とても勉強になったと思っています。

これから叶えたい夢・目標

就職先としては食品メーカーや、食の流通を支えさまざまな食品と関わることが可能な食品卸などを希望しています。そうした企業でいつかは商品企画の仕事に携われたらいいなと思っています。たとえば一本で一日分の野菜が摂れるという野菜ジュース、あんなすごい機能を持った商品を作ることができたら嬉しいですね。

この分野・学校を選んだ理由

食べることが好きなので、食に関する勉強がしたい、仕事がしたいというのがきっかけです。またキャンパスが郊外にあって規模が大きく、調理室や広大な農場など実習ができる施設が整っている点も魅力でした。

分野選びの視点・アドバイス

大学の先生は学生の名前も覚えてくれない、そんな関係だと思っていました。ところがこの学科は先生と生徒の距離がとても近い。所属以外のゼミ室に行っても、いつも笑顔で迎えてくださるようないい雰囲気があります。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 食品の企画と開発
2限目 アグリビジネス論 食と農の社会学 食品安全論 食料政策
3限目 食品ビジネス演習I フードサービス論 フードスペシャリスト論
4限目
5限目
6限目

3年次(2017年度)後期の時間割表です。※生物資源科学部では、6限の授業は実施しておりません。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)