• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生物資源科学部
  • 生命化学科

私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

生命化学科

募集人数:
130人

生命・食・環境など多彩な領域に及ぶ諸問題を化学の知識とバイオテクノロジーで解決する学科

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2018年度納入金 166万円  (入学金26万円含む。諸会費等除く)

学科の特長

学ぶ内容

化学を基盤としたライフサイエンスの幅広い知識と技術を身につける
1.生命現象に関わる物質の構造と機能の解明、2.生物資源の増産およびその有効利用、3.食料・食品に含まれる物質とその機能の解明、4.生物を利用した環境の保全と修復などについて、化学を基盤とした講義、演習、豊富な実験からなる洗練された特徴的なカリキュラムを通して学ぶ

実験

実証・実践能力を身につけるための実験科目が充実!
「生物機能の解明」、「生物利用技術の開発」などの研究手法を実験を通して学ぶ。1年次で実験の基礎を、2・3年次に専門実験を受講することができる。豊富な実験科目から得た技術および講義で学んだ知識を活用し、4年次ではより専門的、実践的な卒業研究に取り組む。レポート作成、プレゼンテーション能力も養う

研究テーマ

生命・食・環境に関わる研究分野をリードする
生命を担う物質の構造・機能と利用、生物機能の増強による生物資源の増産、食品成分の特性と機能、生物を利用した環境修復などについて、化学の知識とバイオテクノロジーを基盤に、分子、細胞、個体、生態系のレベルで独創性の高い先端研究を展開。さらに、得られた成果を統合して応用や利用に結びつけ、社会に貢献する

卒業後

バイオサイエンス分野を中心とする多岐にわたる就職先、大学院への進学率も高い
食品関係をはじめ、医薬品、化粧品、化成品、香料、農薬、環境化学など多種の業種に就職できる。これは化学・バイオテクノロジーを基盤とする充実したカリキュラムによって生命・食・環境などを幅広く学べる本学科ならではの特徴である。公務員や教員を目指す人もいる。また、さらなる専門性を求め大学院へ進学する人も多い

クチコミ

様々な資格が取得でき、国内や海外での実習・研修を体験できる
食品衛生監視員をはじめとする様々な資格を取得でき、それらの資格を生かして専門の職業に就く卒業生もいる。また、多くの企業や研究機関で活躍している方々の講義を聴くとともに、国内の企業や研究機関での実習、海外での研修を体験でき、将来の進路決定におおいに役立つ。また、学生による学会発表の件数も非常に多い

施設・設備

教育と研究を支える充実した最新の設備・施設
1~3年次に実験を行う学生実験室は、清潔で広くて機能的。また、菌類培養室、植物組織細胞培養室、動物飼育実験室、有機合成反応室、低温実験室などの多様な施設があり、最新鋭の分析機器、実験設備が共通機器室および各実験室に配置され、最先端の研究をサポートしている。また、明るくきれいな講義室、研究室も大変魅力的

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【農業】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 食品衛生責任者 、
  • 食品衛生管理者<国> (任用資格) 、
  • 食品衛生監視員 (任用資格) 、
  • 学芸員<国> (任用資格) 、
  • 毒物劇物取扱責任者<国> (任用資格)

飼料製造管理者(公的任用資格)
家庭用品衛生監視員(任用資格)
環境衛生監視員(任用資格)
自然再生士補

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種) 、
  • バイオ技術者認定試験 (中級・上級)

化学分析技能士2級<国>(任用資格)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    キユーピー 、 熊澤酒造 、 シマダヤ 、 中沢乳業 、 科研製薬 、 クミアイ化学工業 、 富士フイルムRIファーマ 、 イセ食品 、 島津サイエンス東日本 、 イカリ消毒 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
TEL 0466-84-3812

所在地 アクセス 地図・路線案内
生物資源科学部キャンパス : 神奈川県藤沢市亀井野1866 小田急江ノ島線「六会日大前」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


日本大学(私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡)