• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 野口 琴未さん(生物資源科学部 くらしの生物学科/地方公務員)

大学で培ったコミュ力は農業指導の大きな武器です

先輩の仕事紹介

農家の声に耳を傾け、農家に信頼される農業普及員になりたい。

地方公務員
生物資源科学部 くらしの生物学科/2019年卒
野口 琴未さん

この仕事の魅力・やりがい

大学卒業後、千葉県に農業職として入庁。現在は茂原市にある長生農業事務所に勤務しています。改良普及課では、直接農家の方に接しながら、技術指導や就農支援を行うことですっています。また、地域に適した新しい技術の導入を提案し、支援などもしています。私自身は、主に大学でも研究したイチゴ及び花き全般を担当しています。とはいえ、まだ1年目で今は教えていただくという立場で接しているところです。それでも栽培講習会などで、農家の方から感謝の言葉をもらった時にはとても嬉しくやりがいもひとしおです。今後は早く農家さんの信頼を得て、「イチゴのことならこの人に」と、頼られるような普及員になりたいと願っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

くらしの生物学科を選んだのは、当時まだ自分のやりたいことがよくわからず、園芸や食品、動物など幅広い分野が学べるという点に惹かれたからです。最初は食品に興味があり、将来は食品の仕事などをしたいと思っていました。ところが友人の手伝いで植物を育てるボランティアを始めたところ、とても面白く、興味の方向がガラッと変わってしまいました。現在の仕事については、前職で千葉県庁の農業職をなさっていた研究室の先生から教えていただきました。興味を持ちインターンシップに参加したところ、自分のやりたいことと合致し、地元の農業に貢献できるという点にも惹かれ、千葉県庁を志望しました。

土壌についてさまざまな分析を行うこともあります

学校で学んだこと・学生時代

くらしの生物学科は、先生と学生との距離が近いところが魅力ですね。アドバイザー制度があり、年2回の面談で勉強や学生生活のことなど親身になって相談にのってくださいます。もちろん、それ以外でも相談のため研究室を訪ねることがよくありました。また、授業ではグループワークが多いことが特徴です。学科のメンバーと話し合い、その結果を全員の前で発表するため、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も向上したと思います。現在の仕事でも、現地に行って農家の方と話すことが多く、あらかじめ資料を作成して講習会を開くこともあり、学生時代の経験がとても役に立っていると感じています。

旬のイチゴ農園で農家の方に栽培指導を行います

野口 琴未さん

千葉県 長生農業事務所 改良普及課 勤務/生物資源科学部 くらしの生物学科/2019年卒/県職員になって最初の赴任地がたまたま故郷に近い長生農業事務所だった野口さん。おかげで地元農家の方との話題には困らなかったといいます。職場はアットホームな雰囲気で、休日は同僚との近隣での登山などを楽しんでいるそうです。また、学生時代は落研で裏方を担当していたという経歴も。「学生の頃は好きなお笑いライブにもよく行っていました。今人気の芸人さんとか若手の頃から応援していたんですよ。でも最近は忙しくてなかなか見に行けないですね」と話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)