• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 先生・教授一覧
  • 轟 朝幸 教授(交通計画・地域計画)

私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

こんな先生・教授から学べます

未来の交通システムを考える先生

交通計画・地域計画
理工学部 交通システム工学科
轟 朝幸 教授
先生の取組み内容

急増する外国人観光客を受け入れる国際空港の機能強化が求められています。東京の通勤電車が大混雑する一方、地方では路線バスが廃止され高齢者が困っているというニュースも耳にします。こうした課題に向き合い、文系・理系の枠にとらわれない総合学問の立場から「交通を科学する」のが私の研究室。時差通勤をする人が得をするポイント制度や人と貨物を一緒に運ぶバスの運行など、人やモノの流れを分析し、最新技術を活かした施策を提案・実現させることで、安全・便利で持続可能な交通システムを作りたいと考えています。さらに、地方創生という視点から水上飛行機やクルーズ客船の研究・普及活運動に取り組んでいます。宇宙旅行に行くための「スペースポート(宇宙港)」の可能性を探るという夢のある研究にも本気で取り組みたいと思っています。

水上飛行機は観光の交通手段だけでなく災害時の救助救援活動にも威力を発揮します(モルディブの水上空港)

授業・ゼミの雰囲気

広く社会に目を向けながら交通システムの今と未来を科学する

轟先生の研究室には乗り物好きな学生が集まってきます。好きなこと、それを「趣味」から「学問」に変えるためには社会に目を向けることが大切。そこで、鉄道や航空・空港などを管理運営している関係者との共同研究には可能な限り学生に参加してもらい、交通システムの最適化を図るためには何が必要かを現場の視点で考える機会を数多く設けています。また、工学的な知識・スキルはもちろん、マーケティング、交通経済学、交通事業などの領域も学ぶことで、鉄道・航空・行政など、さまざまな分野で活躍できる交通技術者を育んでいきます。

人やモノの流れ、乗り物やインフラ整備等を総合的に学ぶフィールドワーク重視(道路トンネル工事現場見学)

キミへのメッセージ

答えを見つけるのは自分です。徹底的に考え抜く力を身につけましょう!

未来の交通システムを夢見ることは本当に楽しい!しかし、夢で終わらせないためには科学する目が必要であり、その原点は、常に「何故?」という疑問を持つ心です。大学では、とことん「何故?」を追求してください。

空港や公共交通機関から宇宙旅行まで、多種多様な「交通」を「楽しく科学」するのが轟先生のモットー

轟 朝幸 教授

専門:交通計画、公共交通、空港
略歴:1993年、日本大学大学院博士後期課程 理工学研究科 交通土木工学専攻修了。1996年、東京大学工学部土木工学科講師。1997年、高知工科大学工学部社会システム工学科助教授。2003年、日本大学理工学部社会交通工学科助教授。2008年より現職(2013年交通システム工学科に名称変更)。2016年、「ジャパン・レジリエンス・アワード」最優秀レジリエンス賞受賞。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)