• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 先生・教授一覧
  • 小嶋 芳行 教授(無機材料化学)

私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

こんな先生・教授から学べます

地球環境も守る!? 可能性溢れる材料を研究する先生

無機材料化学
理工学部 物質応用化学科
小嶋 芳行 教授
先生の取組み内容

日本は資源が乏しい国だと言われますが、唯一、自給自足可能な資源があります。それは石灰石です。この石灰石を原料としたカルシウム化合物はとても利用範囲の広く、建造物をつくるセメントや、壁や天井に使われる石膏ボード、LED、化粧品などにも使われています。またカルシウムは骨や歯を構成する成分でもあるので、骨折や虫歯の治療などに利用する生体材料としての研究も進んでいます。私の研究室では環境問題への貢献を見据えた研究も推進中。化石燃料を燃焼する際に生じるNOx(窒素酸化物)を、一定の条件下で育てた貝の殻に定着させることで、NOxの排出量を減らすという研究構想があります。また廃材となるセメントや石膏ボードを再利用するための技術や仕組みを提案することで、環境保全にも大きく貢献していけると考えています。

化学によってもたらされる灯が、人と社会を照らし続けています

授業・ゼミの雰囲気

40年の伝統と実績で、“この分野のNo.1を目指す”

物質応用化学科は2018年に創設80周年を迎える伝統のある学科。小嶋先生が指導する研究室も40年以上にわたって研究を行っており、その間に積み上げてきた知見は、産業界でも高く評価されています。小嶋先生は“この分野のNo.1を目指す”という気概をもって学習研究に取り組み、後進の育成に励んでいます。「材料の粒径や形状、構造、分布および組織を制御することで、無機材料は多様な分野で活用できる材料になり得ます。まだ知られていないことも多く、とても研究しがいのある材料だといえるでしょう」

学科の卒業生は2万人を超え、研究室の卒業生も1500人超。そのネットワークも研究室の大きな財産です

キミへのメッセージ

夢を抱いて歩むことが、キミ自身を大きく成長させます

皆さん、ぜひ夢をもってください。夢をもつことで、自分でも気づかないうちに、実現に向けて努力するようになります。それが積もり積もって、いずれ大きな力になります。その夢を物質応用化学科で叶えてみませんか。

「衣食住に関する身近な物の多くに化学が関わっています。無機材料化学は可能性に満ちた魅力的な研究です」

小嶋 芳行 教授

専門:無機工業化学、無機化学、無機材料・物性
略歴:1986年、日本大学理工学部工業化学科卒業、1988年、同学大学院研究科工業化学専攻修了。2008年より、同大学理工学部物質応用化学科教授に就任。現在、無機マテリアル学会学術委員長、色材協会理事、日本セラミックス協会正会員などを兼任している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)