• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 先生・教授一覧
  • 沖 嘉尚 助教(動物生体機構学、分子生物学)

私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

こんな先生・教授から学べます

再生医療の未来を拓く、DFAT細胞について研究する先生

動物生体機構学、分子生物学
生物資源科学部 応用生物科学科
沖 嘉尚 助教
先生の取組み内容

失われた臓器などを修復し、体の機能を回復させる夢の再生医療。その実現に向け、さまざまな細胞に分化できる“多能性”を持った細胞、『ES細胞』や『iPS細胞』の研究が、いま世界で注目を集めています。私たちの研究室では、この分野に独自の発想で取り組み、ESともiPSとも異なる画期的な多能性細胞『DFAT細胞』の開発に成功しました。これは、誰でも持っている体の脂肪細胞を、特別な方法で脱分化したもの(脱分化脂肪細胞)です。この細胞を使えば、骨や筋肉、神経などの組織を、安全かつ容易につくり出すことが可能となる上、自分の細胞を使うことで移植後の拒絶反応やガン化などのリスクも減らせます。私たちは他の学部とも協力するなど全学的な取り組みで、再生医療の新たなホープであるDFATの研究を進めています。

写真は蛍光顕微鏡で撮影した哺乳動物の脂肪細胞。これをもとにDFAT細胞をつくります

授業・ゼミの雰囲気

研究室では学生も一人前の研究者として扱い、自由に議論しあえる環境を実現

研究は基本的には一人でするものですが、研究室の仲間の多様な協力がなくては素晴らしい成果を得ることはできません。私たちの研究室では、学生を一人の研究者として扱い、研究する上では、教員、研究員、大学院生など区別なく、お互いに研究を志す同志として尊重し合い、クリティカルシンキングにもとづいた建設的な議論ができる環境を整えています。まさに、自由な環境で“切磋琢磨”できる研究室といえるでしょう。

研究の前には皆が平等、時には支え合い時には競い合うかけがえのない仲間たち

キミへのメッセージ

教科書で学ぶより、教科書を書き換えるような、スゴい研究に参加しよう!

研究には教科書にも載っていない、世界の誰も知らないことを見つける面白さがあります。もしかしたら、教科書を書き換えるような発見をしてしまうかもしれない。そんなワクワクする研究生活を過ごしてみませんか。

研究には必ず壁があるもの、それを乗り越えた時の達成感や爽快感を味わってほしい

沖 嘉尚 助教

日本大学生物資源学部動物資源科学科卒業。同大学院生物資源科学研究科応用生命科学専攻博士前期、同応用生命科学専攻博士後期単位取得満期退学。21世紀COEプログラム日本大学研究員、ハイテクリサーチセンタープロジェクト日本大学研究員、日本大学生物資源科学部動物資源科学科助手、同学部応用生物科学科助手を経て現職。博士(生物資源科学)。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)