• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 先生・教授一覧
  • 阿部 新助 准教授(宇宙科学・惑星科学)

こんな先生・教授から学べます

流星・彗星・小惑星の進化と生命の起源を探る先生

宇宙科学・惑星科学
理工学部 航空宇宙工学科
阿部 新助 准教授
先生の取組み内容

約46億年前の太陽系初期から惑星に取り込まれなかった生き残りが彗星や小惑星です。これらの小天体を調べることは、太陽系の進化と生命の起源について知ることに繋がります。私が取り組む研究は、探査機による小天体の直接探査や、小天体から地球や月にやってくる流星体を通した発光現象です。大気中での流星発光からは、流星体の組成、大きさや軌道が分かります。また、月面に衝突した比較的大きな流星体は、月面衝突閃光として観測されます。これらの自然現象を理解するため、人工衛星を使った人工流れ星実験や、超高速衝突実験施設を応用した衝突発光の基礎実験にも取り組んでいます。その他、電波と光学による流星観測、望遠鏡による小惑星観測・太陽系外惑星観測、探査機搭載カメラの開発など、観測・探査・実験・開発と幅広く取り組んでいます。

流星の分光観測。人工流星やHAYABUSA2地球帰還カプセル観測など、新たなテーマにも挑戦中

授業・ゼミの雰囲気

観測・実験・探査によって宇宙の謎に挑む自由闊達な研究室

「先人達が既に道筋を立てて解いた問題を学ぶことが勉強であって、研究とは、答えの分かっていない課題を考えることです。もちろん、研究に必要な知識やスキルを身につけるために勉強は必要ですが、それは手段であって目的ではありません。この研究をやって何の意味があるの?という考えは捨てて、自分の知りたい宇宙の科学を探求してください」というのがモットーの研究室。宇宙に関するさまざまな研究をしている本研究室なら、アイデア次第で新しい研究テーマを発見できるかもしれません。

国内外の、宇宙・天文に関する学会での発表や最前線の科学者達と交流する機会も多い刺激に満ちた研究室

キミへのメッセージ

好きなことに挑む。それが情熱の源泉になります!

本研究室は自分の興味を深く掘り下げていく場だと考えています。学ぶべきことは多く、平坦な道ばかりではありませんが、情熱があれば自分の可能性を広げることができる環境があります。ぜひ挑戦してください。

JAXAはやぶさカプセル回収隊として、7年間の旅を終え地球に帰還した「はやぶさ」を豪州の砂漠で迎えた

阿部 新助 准教授

専門:宇宙科学、惑星科学、天文学
略歴:1996年、日本大学理工学部航空宇宙工学科卒業。2001年、総合研究大学院大学数物科学研究科天文科学専攻修了(博士)。同年、宇宙科学研究所固体惑星研究系 MUSES-C(はやぶさ)COE研究員。2003年、日本学術振興会海外特別研究員。2005年、神戸大学大学院 理学研究科地球惑星科学専攻、2008年、台湾・國立中央大学天文研究所を経て、2013年から現職。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)