• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 先生・教授一覧
  • 塩野 光弘 教授(電力工学)

こんな先生・教授から学べます

「再生可能エネルギー」の電気利用技術を研究する先生

電力工学
理工学部 電気工学科
塩野 光弘 教授
先生の取組み内容

垂直軸の周りを帯状の羽根が回る風車を見かけたことはありませんか? それは風力発電に使われている「ダリウス形タービン」と呼ばれるものです。どの方向から風が当たっても回り、騒音が少ないことから注目されています。私は主として再生可能エネルギーの利用技術を研究しており、特にダリウス形タービンを利用した潮流発電や波力発電、風力発電の研究に注力しています。クリーンエネルギーは環境にやさしく、枯渇しないなどのメリットがありますが、その一方でいくつかの課題もあります。例えば地域や気候、時間帯などによって発電電力量が左右されるという不確実性があること。またエネルギー変換効率が悪いということも課題の一つです。そのような課題を技術的に改善し、電力供給というインフラの整備の発展に貢献したいと考えています。

「ダリウス形タービン」は風車として街中で見かけることもあります

授業・ゼミの雰囲気

時代の転換期を支える、若い力に期待して指導

ダリウス形タービンに風を当て、効率よくエネルギーを取り出すための技術を探究する風洞実験や、波力発電の実験などを行っている塩野先生の研究室。集まる学生は、人の暮らしや社会に貢献したいという志向の学生が多いといいます。「今後、再生可能エネルギーに関する社会の注目度はさらに高まるでしょう。地球環境のことを考えると、技術的にも、人々の意識の問題においても、大きな転換期が訪れることになると思います。そうした時代を支えていくのは若い力です。技術の探究はもちろん、今後の社会への考察を一緒に深めていきましょう」

塩野先生の研究室では学外の機関との連携し、潮流発電や風力発電の共同研究を行ってきた実績もあります

キミへのメッセージ

個々がもつ能力を引き出し、伸ばす環境をつくっています

「電気工学の基礎学力を身につけること」「個々がもっている能力を引き出し伸ばすこと」「自分の考えを相手に的確に伝えられること」。以上のことが身につく教育を心がけています。この研究室で成長してください。

「電気工学科はエネルギーやエレクトロニクス、情報、環境などの幅広い学問分野を学べる魅力的な学科です」

塩野 光弘 教授

専門:電力工学、発電工学、電気機器
略歴:1986年、日本大学理工学部電気工学科卒業。1988年、同大学院理工学研究科電気工学専攻修了。1988年より同大学理工学部電気工学科助手を務め、専任講師、准教授を経て教授に就任。最近の研究テーマは『地球環境保全のためのエネルギー循環社会の実現に向けた取り組み』。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)