• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 先生・教授一覧
  • 東 未来 助教(園芸学)

こんな先生・教授から学べます

切り花にしても長持ちするダリアの開発を目指している先生

園芸学
生物資源科学部 生命農学科
東 未来 助教
先生の取組み内容

大輪で色も豊富なダリアは結婚式などお祝いの席に欠かせない花ですが、日持ちの短さが最大の欠点とされています。そこで私は、花がしおれるときどのような現象が起きているのかその老化メカニズムを明らかにし、より効率的に日持ちを延ばす技術を開発しています。これまでの研究では、ダリアの老化にエチレンが関与することや活け水のバクテリア増殖を抑えることで、観賞期間が伸ばせることなどを明らかにしてきました。さらに根本的な対策は、花の老化を進行させる遺伝子を明らかにすることで、現在遺伝子の探索も進めています。ダリアの老化メカニズムが明らかになれば農家や消費者にとって福音になるのはもちろん、観賞期間を延長する薬剤や栽培技術の開発につながり、他の花にも応用できるのではないかと期待しています。

ダリアの花の老化状況を調査しつつ、遺伝子解析に用いる花弁をサンプリングしています

授業・ゼミの雰囲気

ネット上にはない新しいものを見つける・作る楽しさを、授業や実習を通じて感じてください。

大学の学びは、自分自身で体験し物事を考えることこそが本当に重要なことであるという東先生。実習では種を播くところから収穫するまで、全ての管理を学生主体に一緒に行っています。熱心に観察すると栽培管理のちょっとした違いで、植物は明らかに違う姿になることがわかりますし、植物種によっては教科書とは逆の現象が起きることも発見できる。そういった現象に対し、なぜだろう?植物の中で何が起きているのだろう?と、疑問や興味を持ち、情報を整理して、自分で思考するきっかけをつくれるように気を付けているといいます。

生命農学実験IIIで夏季の栽培が終わり、秋・冬作物の栽培に向けて耕耘する学生たち

キミへのメッセージ

あなたも何かの「第一発見者」になれるかもしれない、それが研究の面白さ。

興味のあることに一生懸命向かっていけば、誰にでも何かの「第一発見者」になるチャンスが必ずあると思います。植物の謎を解明し、暮らしを豊かにするために、ぜひ私たちと一緒に挑戦してみませんか。

研究は楽しくてわくわくするもの。研究室の明るい雰囲気は、今後も維持したいと思っています

東 未来 助教

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門 花き遺伝育種研究領域 品質育種ユニット 任期付研究員を経て現職

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)