• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 先生・教授一覧
  • 大隅 歩 准教授(音響工学・超音波工学・電気音響・アコースティックイメージング)

こんな先生・教授から学べます

社会の安心・安全を守る次世代音響技術を開発する先生

音響工学・超音波工学・電気音響・アコースティックイメージング
理工学部 電気工学科
大隅 歩 准教授
先生の取組み内容

私の研究対象は「音」です。と言っても、音楽のように楽しむための音ではなく、社会の安全に関わる次世代の応用音響技術を確立することを目指しています。その一つは災害時に粉塵や煙などで視界が悪くても、人々を適切な出口に誘導する「音声避難誘導システム」。現在は、実際の建築物に導入するためVRを用いたシミュレーションの段階に入っています。もう一つは人間の耳では聞き取れない音=超音波を使った「構造物内部欠陥の非接触非破壊超音波診断装置」の開発です。従来の超音波診断装置では、非接触での計測ができませんでしたが、本研究室では世界でも類を見ない超強力な空中超音波を放射できるデバイスの開発に成功。現在は実用化に向けて、欠陥の高精度画像化や現場での使用を想定した機器のポータブル化を目指した研究を進めています。

実験はヒラメキの宝庫!自分の手を動かして何かを作っていると直感的なアイデアが湧いてきます

授業・ゼミの雰囲気

実験を通して自分の課題を見出し、さらなる成長を図っていける研究室

次世代の音響技術の研究を進めるには、基本的な電気工学の知識に加え、多様な知識を修得し、実験をトライ&エラーで繰り返す必要があります。「実験を通して不足している知識を自覚し、さらに学びを深めるという自己研鑽のサイクルが生まれてくるのが本研究室の特色」という大隅先生。実験装置の開発を通じて、部品加工や回路設計、ソフトウェアによる装置の制御などを経験する中で興味の対象を広げ、「社会に役立つ技術を開発したい」という思いを強める学生が多く、その進路は電機、自動車、情報通信、建設など多岐にわたります。

実際の災害時を想定して火災や煙を視覚的に再現した空間での避難誘導システムの実験をVRで行っています

キミへのメッセージ

「音」が秘めている大きな可能性を一緒に追究してみませんか

音響工学はこれからの社会に役立つ技術がたくさん眠っている学問領域です。未開拓な分野を自分の手で切り拓けるという楽しさもあります。柔軟な発想力を生かして、一緒に世界を驚かす応用音響技術を開発しましょう!

聞こえる音“も”聞こえない音“も社会に役立てられると語る「応用音響・環境工学研究室」の大隅先生

大隅 歩 准教授

専門:音響工学
略歴:2006年、日本大学理工学部電気工学科卒業。2008年、同大学院理工学研究科電気工学専攻修了。2010年、日本大学理工学部電気工学科助手、2015年、同助教を経て、2020年、准教授に就任。博士(工学・日本大学)。2017年、日本音響学会粟屋潔学術奨励賞、2018年、日本非破壊検査協会学術奨励賞を受賞。著書に『音響工学キーワードブック』(コロナ社)、『音響学入門ペディア』(コロナ社) などがある。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)
RECRUIT