• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 先生・教授一覧
  • 相澤 修 専任講師(細胞生物学、分子生物学、神経科学一般、動物生産科学)

こんな先生・教授から学べます

動物の遺伝のしくみについて研究する先生

細胞生物学、分子生物学、神経科学一般、動物生産科学
生物資源科学部 動物資源科学科
相澤 修 専任講師
先生の取組み内容

親が食べ過ぎで太っても、その影響が子どもに及ぶことはない。生後の経験は遺伝しないというのが、生物学の大前提でした。生命の設計図であるDNAは基本的には一生不変で、後天的に書換えられることなどあり得ないからです。ところが近年、この常識も揺らぎつつあります。私は、高カロリーの食事により肥満となった父親から生まれたマウスと、通常の食事を摂取した父親から生まれたマウスを比較するという実験を行いました。父親は子育てに参加せず、子どもとの接触もありません。にもかかわらず、子どもの肥満状態に明らかな違いが生じました。私は、DNAに結合したメチル化修飾の変化が関係しているのではないかと考え、さらに詳細な研究を進めています。このしくみが解明されれば、家畜の効率的な改良などにもつながるものと期待しています。

遺伝子と環境の間をつなぐ未知の生命現象に挑戦したいという思いで、この研究テーマに取り組んでいます

授業・ゼミの雰囲気

学生実験は実際に手を動かし、自分で結果を出してみることが、面白さを知る秘訣だと思います。

相澤先生が担当する「分子生物学」の講義では、体の中にあるDNAやRNA、タンパク質など、生体を形作る分子について学びます。動物を理解するには、マクロの視点と同様にミクロの視点も重要なので、日常の話題に置き換えて解説するなど、興味を持って聞いてもらえるよう工夫しているそうです。また学生実験のメニューは、研究室に入ってから実際に用いる実験手法を多く取り入れ、マウスの取り扱いや遺伝子の発現解析などを行います。難しそうだと尻込みせず、できるだけ手を動かすことで、実験の面白さに気づいてほしいといいます。

研究室ゼミでは最新の学術論文を紹介してます。活発な議論ができる雰囲気作りにつとめています

キミへのメッセージ

動物の不思議に迫る研究をして、一緒にワクワクしませんか。

当学科の志望者には「動物が好き」な人が多いと思います。もちろん入り口はそれで結構ですが、入学したら一歩進んで「なぜ好きなのか」、「動物のここが知りたい」という気持ちを大事にして学んでほしいですね。

真面目に研究に打ち込んだ学生は、卒業時には別人のように成長します。教員としてはとても嬉しい変化です

相澤 修 専任講師

日本学術振興会特別研究員、国立精神・神経医療研究センター 神経研究所流動研究員、日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科助手、同助教を経て、現在同専任講師。博士(生物資源科学)。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)
RECRUIT