• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 日本福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 若松 瞳美さん(社会福祉学部 社会福祉学科/医療ソーシャルワーカー(MSW))

先輩の仕事紹介

患者さんの思いに耳を傾けて、その人らしい生き方を支えたい。

医療ソーシャルワーカー(MSW)
社会福祉学部 社会福祉学科/2017年卒
若松 瞳美さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

日々の相談業務で心がけているのは、一人ひとりの“ふつう”を尊重し、適切な社会福祉制度や専門機関などに結びつけること。「残りの人生を自由に生きたい」と希望される患者さんを支援する際には、退院時に自宅に行き、地域の方々へ引き続きの支援・見守りをお願いし、「最期まで幸せそうだったよ」という地域の方の言葉が心に響きました。患者さんのために全力を尽くしたいと、あらためて決意しています。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代、精神保健福祉の講義で「支援してほしいなんて言ってない」という当事者の声を知り、衝撃を受けました。“してあげる”ではなく“一緒に考える”姿勢が、福祉には最も大切だと実感したのです。この学びが、医療ソーシャルワーカー(MSW)として働く私の軸になっています。

分野選びの視点・アドバイス

日本福祉大学の社会福祉学部は、「社会福祉士」と「精神保健福祉士」2つの国家資格の受験資格を得られます。私も4年次の国家試験で両資格を取得しました。両方の資格を取得することで医療機関はもちろん、地域生活支援や就労支援を担う福祉行政機関などの仕事にも対応しやすくなり、仕事の幅も広げられると思います。

若松 瞳美さん

獨協医科大学病院 地域連携・患者サポートセンター 医療福祉相談部門/社会福祉学部 社会福祉学科/2017年卒/栃木県の宇都宮南高等学校を卒業後、社会福祉学部社会福祉学科へ入学。在学中はバトミントン部に所属し、部活動を通してコミュニケーション能力も磨いたという。「社会福祉士」「精神保健福祉士」のW国家資格を取得し、卒業後は故郷の医療機関へUターン就職。医療ソーシャルワーカー(MSW)として活躍中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
日本福祉大学(私立大学/愛知)
RECRUIT