• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本文化大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 三上 伸さん(法学部 法学科/警察官)

私立大学/東京

ニホンブンカダイガク

市民の方の感謝の言葉を胸に、日々職務にあたっています

先輩の仕事紹介

相手の立場に立って考え、行動できる警察官に

警察官
法学部法学科公共コース/2013年卒
三上 伸さん

この仕事の魅力・やりがい

現在は交番勤務で、道案内や拾得物の取り扱いをはじめ、事件、事故の対応にもあたっています。最近では、深夜のパトロール中に盗難の被害届が出されていた自転車を発見して、被害にあわれた方に無事自転車をお返しできた時の、「ありがとう」の言葉が素直にうれしかったですね。警察官という職業は、何か事情を抱えた人と接する機会が多いので、どんなことで困っているのか、悩んでいるのか、相手の立場に立って、相手の気持ちに寄り添った応対を心がけています。市民の方からの感謝の声が何よりも励みになります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

4、5歳の頃だったと思いますが、迷子になってしまったことがありました。その時不安でいっぱいの私に、優しく接してくれた警察官に憧れて、自分も将来は困っている人の助けになれる、強くて優しい警察官になりたいと考えるようになりました。夢が叶って、初めて制服に袖を通した時は、喜びと同時に気持ちが引き締まり、常に警察官としての自覚を持って責務を全うしようと心に誓いました。

学校で学んだこと・学生時代

ニチブンに入学したのは、公務員試験対策に力をいれていることに魅力を感じたからです。期待通り、法律の基礎的な知識から、実際の試験で点数が取れるような演習問題、模擬面接など、試験突破に向けて段階的に力をつれられる実践的なカリキュラムが用意されていて、効果的に学びを深めることができました。着実に力をつけた手応えがあったからこそ、自信をもって試験本番を迎えられました。また、小規模な大学なので先生方との距離が近く、勉強や将来のことで悩んだ時には、いつでも親身に相談に乗ってくださったのがとても心強かったですね。同じ夢を持った多くの友人たちに出会い、絆を深めることができたのもすばらしい思い出です。

三上 伸さん

神奈川県港北警察署地域第一課勤務/法学部法学科公共コース/2013年卒/幼い頃に出会った優しい警察官に憧れて、警察官になることを夢見ていた三上さん。その夢を叶えるために警察官の採用試験に強いニチブンに入学。学生時代は友人と切磋琢磨しながら学び、励まし合ったとか。その結果、神奈川県警察に見事合格。夢を現実にした今は、警察官としての覚悟を常に持ちながら職務にあたっている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本文化大学(私立大学/東京)