• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本文化大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 菊池 優希さん(法学部 法学科/警察官)

市民の方の感謝の言葉を胸に、日々職務にあたっています

先輩の仕事紹介

相手の立場に立って考え、行動できる警察官に

警察官
法学部法学科/2017年卒
菊池 優希さん

この仕事の魅力・やりがい

地域の警察官として交番に勤務し、主に110番の対応や職務質問、巡回連絡などの業務を行っています。仕事で大切にしていることは、どんな人にも真摯に向き合い、その人のためになるよう親切に応えることです。今後の目標は、主にDVやストーカー、児童虐待などを取り扱う、子ども・女性安全対策専従班「さくらポリス」に入ることです。女性特有の被害などは、男性に話すのは抵抗があることも多いと思うので、人の心に寄り添い、地域の安全や安心を守れる警察官になりたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私の父も警視庁に勤務しています。幼い頃からいつも忙しく「誰かのために率先して働く父」を見ていて、いつしか憧れるようになりました。夢が叶って、初めて制服に袖を通した時は、喜びと同時に気持ちが引き締まり、常に警察官としての自覚を持って責務を全うしようと心に誓いました。

学校で学んだこと・学生時代

大学の設備や環境、雰囲気がとても良く、先生・先輩方は親身に相談に乗ってくれました。私は先輩方のようになりたい、この大学で夢を叶えたいと思い、進学を決めました。実践力が身につく学びや、初めてのことに挑戦できる機会が多く、人前で堂々と意見を言えるようになり、新しいことに挑む意欲や関心も持てるようになりました。また、多くの学生が警察官や公務員を目指しているため情報量も豊富で、仲間と同じ目標に向かって切磋琢磨し合う貴重な体験ができました。勉学以外では、軽音楽サークルでドラムとボーカルを担当し、大学祭で披露しました。現在はこの経験を活かし、警視庁鼓笛隊の一員として活動を行っています。

菊池 優希さん

警視庁三鷹警察署地域課勤務/法学部法学科/2017年卒/幼い頃から「誰かのために率先して働く父」に憧れ、警察官になることを夢見ていた菊池さん。その夢を叶えるため、毎年、警察官採用試験合格者を多数輩出しているニチブンに入学。学生時代は友人と切磋琢磨しながら学び励まし合ったとか。その結果、警視庁に見事合格。夢を現実にした今は、警察官としての覚悟を常に持ちながら職務にあたっている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本文化大学(私立大学/東京)