• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本文化大学
  • 先生・教授一覧
  • 奥村 卓石特任教授(警察学)

私立大学/東京

ニホンブンカダイガク

こんな先生・教授から学べます

本質を見極められる警察官を育成する先生

警察学
法学部 法学科
奥村 卓石特任教授
先生の取組み内容

国民にとって社会の治安を確保することは、生活の基盤。社会に安心・安全な生活環境を実現することは警察の責務なのです。警察を目指す学生には法律を執行するなどの行政作用(活動)及びその作用を司る行政組織の基本的な事柄を学ぶことはたいへん有意義なことです。そして、自分自身の求める警察官像を築いて欲しいと思っています。また、授業を通じて、警察官としての自覚をもち、公務員としての資質を養い、自己の人間形成を図ることも大切です。社会で発生する事象を観察・分析する能力を身につけ、法的な思考力を養い、本質を見極める洞察力・判断を持った人材を育成したいと思っています。

2017年度も警察官合格率日本一を達成。※週間東洋経済2017年5月24日号掲載

授業・ゼミの雰囲気

警察活動の根拠を解説し、学生が警察の仕事を深く理解する授業

奥村先生の講義では「警察活動の基本となる法律」について解説を行い、どのように警察の責務を全うするべきかを教えています。たとえば、警察の仕事のひとつである交通の取り締まりについての考えは、最高裁判所の判例(昭和55年9月22日)が根拠になっているといいます。その判決の中で、自動車の運転手は「公道を利用することに伴う当然の負担として」この取り締まりに協力すべき旨が指摘されています。このように講義の中で警察の職務を全うするのに必要な心構えや根拠を伝え、学生はより深く警察活動の根本を理解しています。

講義では丁寧に学生が分かり易いように警察活動の基本や義務を教えています

キミへのメッセージ

自分の夢をつかみ取るための学びを実践していく4年間にしよう

大学時代に主体的な学びを実践し、自分の夢を叶える力を身につけてることが大事です。そのための支援は全学を上げて行っています。警察官をはじめ、公務員を目指す高校生は、ぜひ一緒に頑張りましょう!

奥村 卓石特任教授

専門分野:警察学(社会安全政策論)
担当科目:警察学(社会安全政策論)、ゼミ(公共政策)
研究分野:行政の組織・作用とその在り方、公共問題の制度・政策・実施・評価の分析
研究活動:2003年~・・・政治体制に関する制度と理念
2009年・・・・・議院内閣制と二院制の運用

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本文化大学(私立大学/東京)