• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 白百合女子大学
  • 先生・教授一覧
  • 村中 由美子先生(フランス語フランス文学科講師)

こんな先生・教授から学べます

フランス文学作品の新たな解釈を教えてくれる先生

フランス語フランス文学科講師
文学部 フランス語フランス文学科
村中 由美子先生
先生の取組み内容

ベルギーに生まれ主にフランスで育ち、アメリカに居を定めて執筆活動を行なった作家、マルグリット・ユルスナール(1903-1987)について研究しています。フランス文学という範疇におさまらないコスモポリタンな作家ですが、そんなユルスナールがもっとも尊敬する作家は紫式部で、二十代の頃の愛読書は『源氏物語』(アーサー・ウェイリーによる英訳)だったとか。ユルスナールは『源氏物語』をどう読んだのか、という問題が目下の研究テーマのひとつです。また、この作家は大胆にも、紫式部が描かなかった光源氏の結末について想像をめぐらせた小品も執筆しています。そこから、文学作品のアダプテーション(ある作品が書き換えられたり、別の媒体やかたちに姿を変えたりして生き延びてゆくこと、翻案ともいう)にも関心が広がりました。

マルグリット・ユルスナールの蔵書研究を出発点に、この作家の作品世界を多角的に研究しています

授業・ゼミの雰囲気

「文学作品の映画化」原作と映画の比較を通して、多様なものの見方を身につける

ゼミのテーマもまさにアダプテーションです。映画化された文学作品を自由に選んで原作と映画を比較し、口頭発表や議論を通して考えを深めます。選んだ作品のどこが面白いのか、その作品を読んだことがない人にどうしたらその魅力が伝わるのか、映画では自分の想像どおりに映像化がなされているか、そうでないとしたら映画監督はなぜそのような演出をしたのか等、さまざまな問いを通して作品世界に迫りつつ、文学作品や映像を読み解く力、読み解いたことを自分のことばで発信する力を養い、他の人の意見を聴くことで視野を広げていきます。

原作と映画の比較から、小説や映像を読み解き、発信力を磨きます

キミへのメッセージ

自分を成長させてくれるような、小説や映画との出会いがありますように

人との出会いだけでなく、小説や映画との出会いが導きの糸となることもあります。私はユルスナールの蔵書を閲覧するため、北米の島にまで行きました。作品から受けた感動は、時に信じられない行動力を生みます!

村中 由美子先生

専門:20世紀フランス文学、文学と美術。
津田塾大学国際関係学科卒業。東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。パリ第4(ソルボンヌ)大学及びルーヴァン・カトリック大学共同博士課程博士号(文学)。日本学術振興会特別研究員(PD、国際日本文化研究センター)、東京都立大学助教を経て、2018年4月より現職。国際日本文化研究センター共同研究員。担当科目:フランス語総合IAB/専門演習/フランス文化史研究/専門ゼミ

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

白百合女子大学(私立大学/東京)