• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 函館大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 照井 和樹さん(商学部 商学科/株式会社 フジキン 勤務)

私立大学/北海道

ハコダテダイガク

海外での仕事につながる学び

右へ
左へ

国際経済学と語学力を身につけて、海外で活躍するビジネスパーソンに成長

「広い世界を見たら人生観が変わりました。将来の目標も大きくなって、毎日がもっと楽しくなりました!」とイキイキと話す照井さん。でも最初は地元で働こうと思っていたとか。人生の転機と学びについて伺いました。

株式会社 フジキン 勤務
商学部商学科英語国際コース
(2017年卒業)
照井 和樹さん
  • 特殊精密バルブ・継手・流体制御機器メーカー
  • 北海道 函館大学付属有斗高校 卒
無理だと決めつけず、挑戦することで新しい可能性に出会えます

新しい場所・新しいプロジェクトに自ら挑戦する行動力と伝える力が身についた

英語の授業はもちろん、商学実習というアクティブラーニングを活用した授業が役立ちました。これは各チームで決めたテーマをもとに、調査や取材を行い、調査結果を大勢の場でプレゼンします。一人ひとりが主体的に行動しながらも、協調性が求められます。以前は、未体験のものに対して物怖じして、なかなか一歩を踏み出せない性格でしたが、この実習を通して、自ら行動したり、考えを伝えられるようになりました。

自分で調べて、考えて、行動するようになりました

右へ
左へ

「考えるのは大事だけど、とりあえずやってみよう」という先生の言葉が後押し

海外プロジェクトは、興味はあるのに「自分にはできない」と勝手に諦めてました。でも先生が「考えるのは大事だけど、とりあえずやってみよう」と。その一言でいくつものプロジェクトに参加し、リーダーとしてチームを引っ張る存在に成長。中でも教育旅行に関する大会では、現地調査・発表資料作成・プレゼン練習と準備は大変でしたが、最優秀賞を受賞。そして海外という大きなフィールドを知り、新しいビジョンが見えてきました。

思い出深いのは、シンガポールのプロジェクト

右へ
左へ

最先端技術に携わり、さまざまな国の人と関わる仕事は刺激的です

ビジネスシーンで求められる韓国語力を習得するために日々勉強中

社内メンバーとの打合せ。先輩方は優しくサポートしてくれます

特殊精密バルブ・継手・マスフローコントローラなどの流体制御システムを開発・製造・販売しているバルブメーカーに勤務しています。現在は韓国にあるグループ会社で、顧客の元に出向いてハードウエアの設置・設定・保守・修理などを行うフィールドエンジニアに同行して、お客様対応・製品知識の研修を受けています。今は勉強することが多くて、助けてもらうことも多いですが、上司や先輩から頼られる存在になれるよう頑張ります。

大学での経験を活かし、世界をフィールドに、益々の活躍を期待しています。

  • 高橋 和将さん/地域連携コーディネーター

彼とは何度も海外に行きました。函館大学での海外プロジェクト研究では、メンバーを引っ張り、リーダーとして本当に活躍してくれました。能動的な活動や学びは、実社会において、とても重要ですし役立ちます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
函館大学(私立大学/北海道)