• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京都市大学
  • 保護者の方へ
保護者の方へ

東京都市大学の教育理念

持続可能な社会発展をもたらし、国際化に対応できる人材を育成

学ぶ意欲をサポート: 授業・カリキュラム

派遣先の大学の一つである公立のエディスコーワン大学

「東京都市大学オーストラリアプログラム(TAP)」で国際教育を推進

「東京都市大学グローバル人材育成プラン」の一つとして、「東京都市大学オーストラリアプログラム(TAP)」を実施しています。1年次の準備教育と2年次の約4か月間の留学を合わせた2年に亘る独自の国際人育成プログラムで、留学先は西オーストラリア州公立大学です。目指しているのは、国際的な視野とコミュニケーション能力を持った時代に柔軟に対応できる国際人を育てること。オーストラリアや中東、東南アジア等の出身の学生とルームメイトになることができ、多様性に富んだ環境において語学力と異文化を理解する力を磨き、自主性や自立心を高めます。例年300名を超える学生が参加しています。

卒業後をサポート: 就職

海外の企業や東急グループでのインターンシップで就業体験。報告会も開かれます

90年の実績が強み。卒業生の質を保証する教育が文部科学省に認められる

開学以来、社会に出て即戦力となる人材育成を目指し、実学を重視した先端的な教育研究に取り組んできました。毎年多くの卒業生が日本経済を支える優れた企業に入社して活躍しています。東京都市大学では、学生のキャリア形成と、社会で必要とされる能力の獲得を通じた卒業時の質を保証するための教育を推進。「ディプロマサプリメント(履修科目の内容・成績を明示する様式)」を開発し、学生がしっかりとした力を修得していることを社会に示しています。この取り組みは、文部科学省による平成28年度大学教育再生加速プログラム(AP) の高大接続改革推進事業 テーマV「卒業時における質保証の取組の強化」に採択されました。

卒業後の進路「一人ひとりへのサポート」で就職内定を実現

全学一丸となり、きめ細かい就職支援(個別面談・各種ガイダンス)を実施。毎年多くの卒業生が日本を代表する会社に就職しています。【2019年3月卒業生の主な就職先】大成建設、JR東日本、三菱電機、本田技研工業、日立製作所、日本電気、東京電力ホールディングス、トヨタ自動車、日産自動車、東京急行電鉄、オリンパス、キヤノン、凸版印刷、日本郵便、東京都庁 他

学費・奨学金

未来を見据えて2020年4月に3学部を新設・改組します

理工学部は工学部より名称を変更。工学と理学を融合し、ものづくりで人々の暮らしを豊かにすることを目指します。2021年4月にはエネルギー化学科を応用化学科に名称変更予定(構想中)です。新設の建築都市デザイン学部では、建築・都市工学の専門能力やデザイン能力を含む問題解決能力を備えた人材を育成します。情報工学部は知識工学部より名称を変更。情報・IoT・人工知能(AI)・ビッグデータ解析技術で「超スマート社会」の実現に貢献します。

東京都市大学(私立大学/東京・神奈川)