• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 武蔵野美術大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 造形学部
  • 日本画学科

私立大学/東京

ムサシノビジュツダイガク

日本画学科

募集人数:
40人

伝統的な技法、美意識を学んだうえで、日本画を入口とした個性豊かな新しい表現者を育てる。

学べる学問
  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • 絵本作家

    子どもから大人までに愛される絵本を作る

    絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。

  • 画家

    旺盛な創作意欲で描き続ける

    洋画、日本画、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法はいろいろだが、絵の収入だけで生活できる画家は少ない。教師やデザイナー、イラストレーターなどの副業を持ち、自分の才能を信じて創作活動を続け、大きな賞を受賞するのが成功への早道だろう。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 美術教師

    絵画や彫刻などの創作を指導する

    児童・生徒に絵画・彫刻・陶芸などの美術作品の制作を指導する。技術だけでなく、ひとりひとりの個性を尊重し、創作の喜びを伝えるのが目的。また美術館見学や、写生会など、授業以外の行事も中心になって行う。現在は、コンピュータを使ったデザインの授業なども積極的に導入されている。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • テキスタイルデザイナー

    糸、染色、生地など素材づくりをする

    生地の織や、染のパターンをデザインする。言いかえれば、洋服やスカーフからじゅうたん、カーテンなどのインテリアまで用途はさまざまだが、それらに使われる素材をつくる仕事だ。現場は糸の考案、プリント染色デザイン、生地デザインとパートがいくつかに分かれている。

初年度納入金:2018年度納入金 190万8000円 

学科の特長

カリキュラム

《1年次》基礎技法を知ることからはじめ、人体デッサン、古典模写などで素描力を養う
日本画の基礎を学びます。独自の素材や用具、基礎技法を知ることから始め、植物写生では、水干絵具、岩絵具の使用方法、墨などの素材や日本画の技法を習得します。水墨による古典技法、古典模写、絹本による制作など、対象をよく観察して把握しながら写生を通して作品を制作します。人体デッサンでは素描力を養います
《2年次》動物写生などを通じて物の捉え方を体得するほか、日本の伝統技法などを学ぶ
絵画の発想や構成力、造形力などを学び、自身の絵画表現の基盤を築きます。動物制作では、鳥、獣、魚類などの素描を行い、生き物の形態や習性、特徴を捉えて制作します。人体デッサンでは人体の造形を掴む力を養います。特別講義では、筆制作実習、金銀箔技法、和紙や絹への裏打ち技法などの伝統的な古典技法を実習します
《3年次》自身のテーマやモチーフを探していき、表現者として日本画への認識を一層深める
各自がテーマやイメージを考えて新しい表現方法に挑戦し、創造する力と感性を蓄えます。担当教員は各学生の制作についてさまざまな視点から指導を行います。「身体性とドローイング」「写生旅行と風景制作」「絵画実習V、VI」「展覧会のための展示ゼミ」など、絵画表現の独自性を伸ばし制作と作品発表を積極的に学びます
《4年次》描くことへの問題意識を持ち、何をどう表現するかをよく考えて卒業制作にとりかかる
つねに描くことへの問題意識、自主性、主体性を持って独自の発想を重視しながら、卒業制作に取り組みます。制作のための取材、デッサン、エスキースを充分に行い、構想を練ることでより質の高い表現を目指します。卒業制作は4年間の成果を確認する重要な制作であると同時に、生涯の方向性を決定する起点となります

卒業後

デザイン業界やメーカー各社、公共団体などへの就職後も、継続して作品制作を行う者が多い
独自に作家活動を続ける者、大学院進学や海外へ留学する者、就職する者と進路はさまざま。就職では、公・私立学校の教員や専門学校講師、美術館の学芸員、日本画の学習で培ったさまざまな経験から、広告業界や服飾業界、印刷会社、アニメーション会社、ゲーム会社、文具会社などへ就職し、デザイナーとなる卒業生も多い

入試

〈一般方式〉〈センターA方式〉〈公募制推薦入学試験〉
〈一般方式〉:国語・外国語+専門試験。すべて大学独自の試験。〈センターA方式〉:センター試験指定科目+専門試験。センター試験指定科目は広く選択可能で、専門試験は〈一般方式〉と〈センターA方式〉共通で併願しやすくなっています。そのほか、面接等を通じて、受験生の特性を重視する公募制推薦入試を実施します

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【美術】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【美術】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【工芸】<国> (1種) 、
  • 学芸員<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    イマジカデジタルスケープ 、 東栄広告 、 テレビ山梨 、 マーベラス 、 アトラス21 、 教育委員会 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

その他、公立学校教員など

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
TEL042-342-6995 入学センター

所在地 アクセス 地図・路線案内
鷹の台キャンパス : 東京都小平市小川町1-736 「鷹の台」駅から徒歩 18分
「国分寺」駅北口発 武蔵野美術大学行バス 約20分

地図

 

路線案内


武蔵野美術大学(私立大学/東京)