• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 文化学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 瀧川 舞さん(国際文化学部 国際文化・観光学科/客室乗務員(キャビンアテンダント))

常に新鮮な気持ちで仕事に臨んでいます!

先輩の仕事紹介

心地よさはもちろんお客様の安全を守ることも使命。一期一会を大切に快適な旅をサポート

客室乗務員(キャビンアテンダント)
現代文化学部(2020年4月入学生より「国際文化学部」に名称変更) 国際文化・観光学科 卒/2016年卒
瀧川 舞さん

この仕事の魅力・やりがい

現在はタイのバンコクに暮らし、タイ国内の便をはじめ、タイ~日本間の便を中心に乗務しています。タイ~日本間の便は日本に到着後、1泊して翌日タイに戻る1泊3日のパターンが基本です。フライトで同乗するパイロットやキャビンアテンダントなどのフライトクルーは、自分以外のほとんどがタイ人ということも多いです。働き始めたばかりの頃は日本との文化の違いに戸惑うこともありましたが、いまはそれすらも楽しみながら仕事をしています。おおらかでポジティブ、そして何より心根の優しいタイ人の姿には見習うべきことも多く、人間的にも自分を成長させられる環境だと感じています。

学校で学んだこと・学生時代

授業では「ビジネスマナーとコミュニケーション」をはじめ、元客室乗務員の先生方に教わる機会がたくさんあり、とても刺激を受けました。エアライン業界や客室乗務員の仕事についてなど、授業の合間に話してくださった実体験を交えたエピソードも興味深く、「わたしも客室乗務員になる!」というモチベーションを大切に4年間を過ごしました。BUNKAは留学生も多く学内にいながら海外の人と交流できる環境のなか、共に学ぶことで異なる価値観に触れ、多様な考え方を受け入れられるようになりました。コミュニケーションの要となる英語力については、先生が私の志望進路を把握したうえでアドバイスをくださり、着実に力を付けることができました。

これからかなえたい夢・目標

お客様はもちろん、クルーもフライトごとに変わりますから、常に新鮮な気持ちで仕事に臨んでいます。お客様とご一緒させていただくのは機内での数時間だけですが、一期一会の出会いを大切にし、心地よく過ごしていただけるよう常に気を配っています。また、お客様の安全を守ることも客室乗務員としての使命です。これらを胸に刻み、これからもお客様の快適な旅行をサポートできるよう、成長していきたいと思っています。

瀧川 舞さん

タイ国際航空勤務/現代文化学部(2020年4月入学生より「国際文化学部」に名称変更) 国際文化・観光学科 卒/2016年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
文化学園大学(私立大学/東京)