• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 文教大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 芳賀 美里さん(国際学部 国際理解学科/中学校教諭)

私立大学/埼玉・神奈川

ブンキョウダイガク

小学生の頃からの夢を実現!学校の先生になりました

先輩の仕事紹介

わかりやすい授業を通して、生徒たちに英語を学ぶ楽しさを伝えられる先生になりたい!

中学校教諭
国際学部 国際理解学科/2013年3月卒
芳賀 美里さん

この仕事の魅力・やりがい

今年の春から公立中学校の教員になり、2年生を中心に英語を教えています。新米教師ですから授業の進め方ひとつをとっても試行錯誤の連続なのですが、どうやって教えよう、どうすれば理解してもらえるだろうと考えること自体が楽しく感じられる充実した毎日です。中学校は英語習得の基盤を作る大事な時期でもあり責任は重大。その意味からも、アメリカでホームステイをする自治体主催の交流プログラムに2年生だけで10数人が興味を持っているとわかった時は、「英語を怖がらない生徒がこんなにいてくれたのか」と嬉しくなってしまいました。これからも、教材や教え方を工夫して、一人でも多くの「英語が好きな生徒」を育てていきたいと思います。

学校で学んだこと・学生時代

小さな頃から持ち続けた「先生になりたい」という夢を叶えるため、できることは何でもしようと考えていました。小・中学校でティーチング・アシスタントのボランティアをしたり、フリースクールや塾の講師を務めたり、年に一度は不登校や発達障害を抱える子どもたちと富士登山をする活動に参加したり…。英語教育法のゼミでは、高校生を対象とした英語セミナーやディベート講習会などを行うほか、中国で開催された国際学会で英語教材についてのグループ発表を行うこともできました。勉強、研究、実践活動のすべてを通して、先生になるために必要な知識、先生になってから役立つスキルを養うことができ、本当に恵まれた学生生活だったと思います。

大学で学んだ教材開発の手法がとても役立っています

分野選びの視点・アドバイス

教員採用試験の前に専門教科を強化するため、英語教育の分野で有名なゼミの教授に研究室での個別指導をお願いしました。お忙しいにもかかわらず、数ヵ月にわたり、朝から夜遅くまで私の疑問や質問に丁寧に答えてくださり、指導法についてもマンツーマンでレクチャーしてくださいました。やる気があれば、こんな贅沢な勉強法さえ叶えてくれるのが文教大学です。画一的な教育ではなく、学生一人ひとりの個性や理解度に合わせて指導してくださる親身な先生が揃っています。大学時代にしか学べないことも多いと思いますので、この素晴らしい環境を活かして一生懸命勉強しながら先生方との信頼関係を築き、夢の実現のために頑張ってください。

生徒達が英語を好きになる授業にすることが今の目標

芳賀 美里さん

千葉県市原市立千種中学校勤務/国際学部 国際理解学科/2013年3月卒/小学生の高学年から教員になることを夢見ていた芳賀さん。中学校で英語の面白さ、英語を学ぶ楽しさを教えてくれた先生と出会ったことで「英語教師になる」という目標が定まったという。高校時代は卓球部に所属し、県大会の団体の部ではベスト8に入ったこともあり、勤務する中学校でも卓球部の副顧問を務めている。大学選びの際には、「英語の勉強」だけでなく、「英語を使ったコミュニケーション」の知識や実践的なスキルを中心に学べる環境を重視し、文教大学国際学部への進学を決意。2013年、千葉県の教員採用試験に合格し、同年4月から中学校の英語教師として活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
文教大学(私立大学/埼玉・神奈川)