• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 文教大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 崎山 香緒里さん(国際学部 国際観光学科/客室乗務員(キャビンアテンダント))

現在は月に3~4回、欧米にフライしています

先輩の仕事紹介

心のこもったおもてなしで、お客様の旅に感動を添えるステキな仕事です

客室乗務員(キャビンアテンダント)
国際学部国際関係学科(2008年4月、国際観光学科に名称変更)/2009年3月卒
崎山 香緒里さん

この仕事の魅力・やりがい

CAの仕事でとても大切なのは、「ホスピタリティ=おもてなし」の精神です。言葉遣いや所作のすみずみまで気を配っていますが、最も大切なことは接遇に心をこめること。些細な会話のなかからお客様の旅行に対する思いを察知し、心がこもった言葉を添えることで、お客様の旅をより感動的に彩ることができます。そのような接遇をしてお客様から感謝の言葉をいただくような時には、やりがいを感じます。世界の様々な国に行って見聞を広げられる点に、この仕事の魅力を感じる人が多いと思います。確かにそうしたことはCAの醍醐味ではありますが、お客様に感動していただけるような接遇をすることにこそ、この仕事の真の喜びがあると感じます。

学校で学んだこと・学生時代

第一志望の学校が他大学だったこともあり、1年次の頃の私は他大学編入を目指して受験勉強をしていました。その結果、難度の高い大学に合格できたのですが、改めてその大学と文教大学を冷静に比べた際、本当に学びたいカリキュラムが組まれていたのは文教大学だということに気がつきました。私の子どもの頃からの目標はCAになること。国際観光学科では観光ビジネスを幅広く、深く学べる科目が編成されています。CAを目指すのはもちろん、CAになってからも役立つ知識を学べるのはこの大学だと考え、文教大学で学び続けることを決意しました。それ以降は興味ある科目やゼミでの勉強に注力し、充実した学生生活を送ることができました。

文教大学で学んだ観光関係の知識は今も役立っています

分野選びの視点・アドバイス

大学を選ぶ際の基準は人によって様々だと思います。偏差値の高さ、ネームバリュー、学校のもつイメージ……。価値観は十人十色ですが、私としては「将来の夢や目標に近づける学科」があること、「本当に学びたいことに合うカリキュラム」があること、などを重視して進学することをオススメします。卒業後の将来を見据えた勉強をしてこそ、より充実した学生生活が送れるのではないでしょうか。そのためにも、好きなことを見つけるためにいろいろなことにチャレンジしてください。勉強はもちろん、趣味や遊びでも良いと思います。自分が「楽しい!」、「もっと詳しく知りたい」と思えることのなかに、将来やりたいことのヒントがあるはずです。

様々な国の人や文化に触れられる魅力的な仕事です

崎山 香緒里さん

日本航空株式会社(JAL)勤務/国際学部国際関係学科(2008年4月、国際観光学科に名称変更)/2009年3月卒/小学校3年生の時に初めてJALの旅客機に搭乗してから、CAが憧れの存在に。文教大学入学後は観光ビジネス領域の科目を中心に履修する一方、3年次から『ホスピタリティマネジメント』を研究テーマとするゼミに所属し、同学問分野を探究。就職活動の際は憧れのCAを目指して奮闘し、JALに就職。念願叶ってCAとして活躍している。「私が所属していたゼミの先生は、JALのCAという経歴がありました。その先生からホスピタリティについて深く掘り下げて学べたことは、今の私の財産になっています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
文教大学(私立大学/埼玉・東京・神奈川)