• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 兵庫大学
  • 先生・教授一覧
  • 嶋津 裕子准教授(栄養・食物学)

私立大学/兵庫

ヒョウゴダイガク

こんな先生・教授から学べます

「食育」を通して地域での栄養教育活動に取り組む先生

栄養・食物学
健康科学部 栄養マネジメント学科
嶋津 裕子准教授
先生の取組み内容

私の研究テーマは「地域社会における食育」です。地域に住む方々の食育実践力向上をめざし、分かりやすい栄養教育プログラムを提供しています。今は、若い世代の方々の食育実践力が落ちているため、食育実践力を高める知識やスキルを教えることに力を入れています。若いお母さん、学生さん、保育士さんも、これからは食育の実践者にならなければいけません。例えば、若いお母さんたちへの食育実践教室では、手洗い指導から始まり、エプロンシアターや地域の特産品を使用したヘルシーメニューの試食などをオムニバス形式で行っています。現場では、管理栄養士として食育の知識を伝えるだけではなく、行動や意識を変えていただくことが重要です。これからも、地域の皆さんが興味を持って学べるプログラムを提供すべく、取組みを続けていきたいです。

「減塩」「肥満」「骨粗しょう症」など、地域の皆さんが気になるテーマに合わせて媒体ツールを作ります。

授業・ゼミの雰囲気

地域の食育実践者として、自らが主体的に発信していくチカラを養います

「地域というフィールドは常に動いているので、テキスト通りにいきません」と語る嶋津先生。現地実習を行う前には、役割を決めて栄養教室などを行うロールプレイング授業を実施。管理栄養士、地域住民など、それぞれの立場でどのように感じたかをディスカッションします。先生は、その様子をビデオ撮影し、学生が自身の映像を見ることで、自己評価をする取組みを行っているとのこと。「話す内容はもちろん、話し方や表情も大事です」と話す嶋津先生。授業では受け身ではなく、常に主体性を持って取組む姿勢を身につけていきます。

地域での栄養教育活動では、お子様~お年寄りの方まで幅広い世代の方に関わることができます。

キミへのメッセージ

まずはチャレンジすることが大切!トライして失敗してもそれでオッケーです

管理栄養士が活躍できるフィールドは多岐にわたりますが、自らが主体的に動いていく力が必要とされます。だからこそ、色々なことに興味を持って、チャレンジしてください!失敗してもやり直せば大丈夫ですよ。

海外のスーパーマーケットが好き!現地の食生活が垣間見られますよ。色々な国のエコバッグを集めています

嶋津 裕子准教授

専門分野:公衆栄養学・地域社会学(食育・消費生活)
略歴:ノートルダム清心女子大学家政学部を卒業
後、兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了、学校教育学修士。管理栄養士として病院で勤務。阪神淡路大震災後の仮設住宅住民への健康支援を機に、地域での栄養教育活動に従事。専門学校講師を経て、2012年 同大学健康科学部 栄養マネジメント学科に着任。消費生活アドバイザーの資格も持つ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

兵庫大学(私立大学/兵庫)